ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NICO、新曲“パンドーラ”が映画〈ゲノムハザード〉イメージ曲に決定! 初ベストにも緊急収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

NICO Touches the Wallsの新曲“パンドーラ”が、1月24日公開の映画「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」のイメージ・ソングに決定。2月5日に発売となるバンド初のベスト・アルバム『ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト』に、17曲目の楽曲として緊急収録されることもあきらかとなった。

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」は、第15回サントリー・ミステリー大賞で読者賞を受賞した司城志朗によるベストセラー小説「ゲノムハザード」を、デビュー作「美しき野獣」が高く評価された韓国人監督のキム・ソンスが実写化したアクション・サスペンス。NHK大河ドラマ「八重の桜」での熱演も記憶に新しい西島秀俊が主役を務め、キャストにはキム・ヒョジンや真木よう子、伊武雅刀などの実力派俳優が名を連ねている。

“パンドーラ”はNICOが〈ゲノムハザード〉にインスパイアされて制作したナンバーで、〈胸の奥深く目覚めし記憶〉と、映画のキーワードともなる〈記憶の上書き〉を想起させるフレーズを含んだ楽曲。TVスポットやWEB限定の新たな予告映像で使用される予定で、1月13日(月・祝)にはFM802にてオンエア解禁となる。なお、バンドが西島の出演映画の楽曲を手掛けるのは「蟹工船」に続き今回で2度目。両者のコメントもぜひチェックを。

 

NICO Touches the Walls コメント

今回このお話を頂いたときに、まず最初に感じた事は、僕らNICO Touches the Wallsとして、西島秀俊さんの映画作品でご一緒させて頂くのは、2度目ということで、強い縁を感じて自分たちなりに一生懸命作らせていただきました。
そういった縁に吸いよせられるかのように、“パンドーラ”という楽曲もちょっとずつ、ちょっとずつ謎が解き明かされていく映画の世界観にピッ タリなものになりました。
この楽曲で、〈ゲノムハザード〉という作品の役に立てたら、嬉しく思います。

 

西島秀俊 コメント

映画の登場人物達の悲しみや思いとぴったり合った曲だと思います。

 

〈NICO Touches the Walls 『ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト』収録内容〉
【CD】
1. ローハイド(新曲)
2. ニワカ雨ニモ負ケズ
3. Mr.ECHO
4. 夏の大三角形
5. 手をたたけ
6. バイシクル
7. Diver
8. 妄想隊員A
9. マトリョーシカ
10. N極とN極
11. かけら~総べての想いたちへ~
12. ホログラム
13. THE BUNGY
14. Broken Youth
15. 梨の花
16. image training(新録)
17. パンドーラ(新曲)

 

【DVD】※初回生産限定盤のみ
〈Studio Live”Walls Is (re)Beginning”〉
1. そのTAXI,160km/h
2. 行方
3. プレイヤ
4. image training
5. 病気
6. 雨のブルース

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP