ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀行や役所で記入する書類の見本はなぜ「山田太郎」なのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 銀行や役所などで記入する書類の見本や、定期券を作るために書く申込書の記入例、病院の問診例──そこに書かれる名前の例は、ほとんどが「山田太郎」である。でも、なぜ「山田太郎」なのか、その理由を考えたことがあるだろうか? 名字研究の第一人者、森岡浩氏が語る。

 * * *
 まず、名前のほうはわかりやすいですね。江戸時代以前から、最初に生まれた男の子は「太郎」で、次は「次郎」とする慣習があり、明治以降も続いています。長男と次男では、当然長男のほうが多いため、男の子の名前の代表が「太郎」になるのは自然だといえます。
 
 では名字はどうか。日本で一番多い名字が「佐藤」ですし、次点は「鈴木」です。実は、「山田」はトップテンにも入っていません。
 
 では、どうして? この謎が、あなたを名字の奥深い世界へと誘うきっかけとなります。
 
「山田太郎」の謎を解く鍵は“見本の果たす役割”にあります。見本は誰が見ても“普通だな”と思われることが重要です。
 
 たとえば、見本を「佐藤太郎」にするとある不都合が生じます。西日本出身の人にとって、その名前はあまり“普通”と感じられないのです。
 
 日本で一番多い「佐藤」や2番目の「鈴木」は、東日本には多いが、西日本ではトップテン圏外の府県も少なくありません。地域によっては、むしろ「珍しい名字」でもあるのです。つまり東日本では普通だと感じても、西日本では普通ではない。逆に全国で4番目の「田中」は西日本に多く、東日本では少ない。このように名字の分布には地域的な偏りがあります。
 
 その意味で、「山田」は完璧です。名字ランク上位では、「中村」「山田」「山口」「池田」が地域的な偏りのない名字に該当します。しかも名字に使われる漢字のトップ5は「田」「野」「川」「山」「谷」。この両方の要素を兼ね備えているのが、「山田」となります。つまり、全国でもっとも親しみを感じる人が多い名字が「山田」であり、これに男の子の代表的な名前の「太郎」を組み合わせた「山田太郎」は、最も“普通っぽい名前”ということになるのです。
 
 証拠といっては何ですが、野球漫画『ドカベン』の主人公を「山田太郎」とした理由について、作者の水島新司氏は、「平凡なイメージが欲しかった」と雑誌のインタビューで答えています。
 
 全国規模の名字ランキングが初めて作られたのは、昭和40年代でした。しかし、おそらく「山田太郎」の見本はそれよりも早く使われていたはず。全国的な見本の名字に「山田」を使ったことは完璧な選択だったといえます。

※週刊ポスト2014年1月17日号

【関連記事】
日本に多い同姓同名3位は「鈴木実」2位「鈴木茂」 1位は?
「あ」という名字の人と「ん」で始まる名字の人は存在するか
中国・韓国の名字「李」 両国合わせて世界に1億人存在する

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP