体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile未発表型番「L39u」「XM50h」「M51w」が中国で認証を取得

Sony Mobileの未発表型番「L39u」、「XM50h」、「M51w」が昨年末に中国で認証を取得しました。「L39u」はGSM/WCDMA/TD-LTEに対応しています。「XM50h」と「M51w」はGSM/WCDMAに対応しています。「L39u」は、おそらくXperia Z1の派生モデルで、現地でWCDMAサービスを提供している中国聯通版と予想されます。「XM50h」と「M51w」は型番の‟M”からミッドレンジモデルと推測されます。先頭に‟X”が付くのはファブレットなので(XL38hがXperia Z Ultraなので)、「XM50h」は6インチディスプレイを搭載すると噂の‟Tianchi”と予想されます。「M51w」の正体は不明ですが、おそらく「XM50h」と同レベルの機種と予想されます。Source : digi-wo.com



(juggly.cn)記事関連リンク
Acer、27インチ2Kディスプレイ・Tegra 4を搭載したAndroidベースの液晶一体型PC「TA272HUL」のグローバル展開を発表
Acer、低価格Androidタブレット「ICONIA A1-830」と「ICONIA B1-720/721」を発表
Acer、5インチ大画面のLiquid新モデル「Liquid Z5(Z150)」を正式発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。