ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Lenovo、LTE対応の「Lenovo Vivbe Z」など新型Androidスマートフォン4機種を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Lenovoは1月2日、同社初のLTE対応スマートフォンとなる「Lenovo Vibe Z」を含む4機種のAndroidスマートフォンをグローバル市場で発売すると発表しました。今回発表された4機種は、フラッグシップモデルとなる5.5インチフルHDスマートフォン「Lenovo Vibe Z」(正確には中国で発売されたVibe ZのLTE版)、6インチファブレット「Lenovo S930」、4.7インチのコンパクト&スリムモデル「Lenovo S650」、5インチのオールラウンダー「Lenovo A859」です。Lenovo Vibe ZVibe Zは、5.5インチ1,920×1,080ピクセルのIPS液晶とSnapdragon 800 2.26GHzクアッドコアプロセッサを搭載したハイエンドモデル。同社が11月に中国で発売したGSM/3G版とは異なり、GSM/WCDMA/LTE(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)に対応しています。OSはAndroid 4.3(Jelly Bean)です。筐体は金属素材を用いたフラットボディを採用し、厚さ7.9mmと薄型設計。質量も147gと軽量です。メモリは2GB RAMと16GB ROMを搭載。カメラは背面に1,300万画素(1/3.06型Exmor RS)、開放F値1.8を実現した5層構造のBlue Glass、デュアルLEDフラッシュを搭載。前面には84度の広角レンズを内蔵した500万画素カメラを搭載。Vibe Zの価格は$549。発売時期は2月で、今のところはインドネシア、マレーシア、タイ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、フィリピンでの発売が予定されています。Lenovo S930/Lenovo S650S930とS650は、筐体サイズ・画面サイズ・バッテリー容量が異なるだけで、その他は共通仕様となっています。S930は6インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶を搭載。S650は4.7インチ960×540ピクセルのIPS液晶・2000mAhバッテリーを搭載。共通しているのは、Android 4.2(Jelly Bean)、MediaTek MT6582 1.3GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に800万画素カメラを搭載し、デュアルSIMに対応するところです。価格は、S930が$319、S650が$229。この2機種はLenovoスマートフォンの販売国でまもなく発売されます。Lenovo A859A859は、5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶とMedia Tek MT6582 1.3GHzクアッドコアプロセッサを搭載したデュアルSIM対応スマートフォン。A859の価格は$219。こちらもLenovoスマートフォンの販売国でまもなく発売されます。Source : Lenovo



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS未発表の「M80T」シリーズはスタイラスペン付Windows 8タブレット「VivoTab Note 8」、公式マニュアルで確認される
LG、今年1月に中国キャリア向けに新しいGシリーズスマートフォンを、今年3月には「LG G Pro 2」を発表か?
人気の音楽アプリ「Poweramp」フルバージョンライセンスの75%OFFセールが期間限定で開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP