ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お年玉“あげる金額”の正解は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そろそろお年玉の季節。親戚の子どもに一体いくらあげればいいのか、判断は難しい。そこで、20~30代の男性を対象に、お年玉に関するアンケート調査を実施した。

【画像や図表を見る】

アンケートでは、親戚の子どもを年齢別で6つに分け(1~3歳/幼稚園/小学生/中学生/高校生/大学生)、回答者があげるお年玉の金額を尋ねている。結果は以下の通り。

【親戚の子どもにいくらお年玉をあげますか?】

●子どもが1~3歳の場合
1位 あげない 50.0%
2位 1000円程度 25.0%
3位 500円程度 13.0%
4位 3000円程度 9.0%
5位 5000円程度 2.0%
6位 1万円程度 1.0%
7位 3万円以上 0.0%

●子どもが幼稚園児の場合
1位 あげない 40.5%
2位 1000円程度 25.5%
3位 3000円程度 17.5%
4位 500円程度 12.5%
5位 5000円程度 3.0%
6位 1万円程度 1.0%
7位 3万円以上 0.0%

●子どもが小学生の場合
1位 あげない 33.5%
2位 3000円程度 26.0%
3位 1000円程度 20.5%
4位 5000円程度 14.5%
5位 500円程度 3.5%
6位 1万円程度 2.0%
7位 3万円以上 0.0%

●子どもが中学生の場合
1位 あげない 36.5%
2位 5000円程度 29.5%
3位 3000円程度 17.0%
4位 1万円程度 9.5%
5位 1000円程度 6.5%
6位 500円程度 1.0%
7位 3万円以上 0.0%

●子どもが高校生の場合
1位 あげない 41.5%
2位 5000円程度 27.0%
3位 1万円程度 22.5%
4位 3000円程度 4.0%
5位 1000円程度 3.0%
6位 500円程度 1.5%
7位 3万円以上 0.5%

●子どもが大学生の場合
1位 あげない 56.5%
2位 1万円程度 27.0%
3位 5000円程度 10.0%
4位 1000円程度 3.0%
5位 3万円以上 1.5%
6位 500円程度 1.0%
6位 3000円程度 1.0%

子どもの年代にかかわらず、意外にも多かったのが「あげない」という回答。幼稚園以下の小さな子どもならともかく、小中学生に対しても35%前後の人が「あげない」と答えているのは、昨今の景気の世知辛さを反映しているのだろうか…。

そうはいっても、60%を超える大多数は、小中学生にお年玉をあげると回答している。気になる金額は、子どもが小学生なら「1000程度」「3000円程度」がボリュームゾーンで、「あげる」と答えた人の約7割を占めた。中学生になると、少し金額のラインが上昇し、同じく7割が「3000程度」「5000円程度」をあげると回答している。

高校生に対しては「あげない」という人が41.5%、大学生になると56.5%となった。いずれも、あげる人のほとんどは「5000円程度」「1万円程度」と回答しており、少数ながら「3万円以上」との声もあった。5000~1万円となれば、出費が続いた年末直後の財布には、なかなか深刻な額。とはいえ、相手が高校生以上になると、ちょっとした金額ではごまかせそうになく、「もう大きいんだから、お年玉なんてあげたら失礼だろう」など、完全回避のセリフも用意しておいた方が良さそうだ。

R25世代にとっての甥・姪が多いであろう幼い子どもは、1~3歳の場合「あげない」が50%、幼稚園児の場合は「あげない」が40.5%となった。お年玉を省略してもさほど問題はなさそうだが、あげても金額は3000円以下が主流だ。

「あげる」「あげない」の意見は分かるところだが、意外と重要になるのが、“子どもの親や祖父母との関係”。自分が子どものとき、たくさんもらった親戚の子どもなら、多少ふんぱつしてでも、恩に報いたいところだ。R25世代の皆さん、ガンバりましょう…!
(小越建典/アバンギャルド)
(R25編集部)

お年玉“あげる金額”の正解は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
誰がくれた? 大人のお年玉事情
お年玉は餅だった?新年トリビア
「社長からのお年玉」約5%が経験
お年玉をあげる範囲はどこまで?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP