ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最高にロマンチックな年越しは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

特別な気持ちで過ごす年越しの瞬間。1年の区切りだからこそ、大事な人とのロマンチックな夜にしたいと思う人もいるだろう。みんなはどんなステキな年越しを過ごしているのだろうか。20~50代の男女200人に「ロマンチックで忘れられない年越し」に関してアンケート調査をしてみた(協力/アイリサーチ)。

【画像や図表を見る】

■国内デートスポット編
やはりロマンチックな年越しには「カウントダウンをみなとみらいで一緒にやった」(男性・30歳)、「横浜で、港の船が一斉に汽笛を鳴らすのをきいた」(女性・53歳)など、ムード満点の横浜が人気。このほかにも「ディズニーシーでの年越し。めちゃくちゃ寒かったけど、光のイリュージョンなどやはり感動した」(女性・38歳)、「東京ディズニーランドが初めてカウントダウンパーティを開催した年に来園。新婚の私たちにはこれ以上ない年越しでした」(男性・49歳)と大人にとってもドキドキする仕掛けを用意してくれるディズニーリゾートも支持を集めていた。

■星空鑑賞編
星空を眺めながらの年越しも人気で「ちょうど流星が見られる時期だったので、年越しを兼ねて家族と神社のある山へ行き、多くの流れ星を観られた」(女性・24歳)など、国内への旅行中、静かに空を見ながら年越しする人も多数。また「長野県の星のよく見える山の上に行き、とても静かなところで星を見ながら年越しをした。1月1日が私の誕生日なので、ネックレスのプレゼントをもらった」(女性・37歳)と女子がキュンとするプレゼントを贈る男性も。なんとも粋なはからいだ。

■海外旅行編
「海外年越し」も「セーシェルでの、ヨーロッパ式年越しがとてもロマンチックだった」(女性・42歳)、「当時の夫と行ったニュージーランドのオークランドで、ホテルの窓から外を観ながらの年越し」(女性・52歳)とムード満点。また「グアムに旅行に行っていて、年越し花火を家内と見た」(男性・43歳)、「アメリカに住んでいた時に真っ青な夜空に花火が上がったのが忘れられないです」(女性・49歳)と「年越し花火」を楽しむ人も。夏とは違う冬のロマンチックな花火も一度は見てみたいもの。

■キス編
「カウントダウン5秒前くらいから、大好きな彼とキス♪ 年越し&年明けをキスで迎えました(*^^*)」(女性・25歳)、「東京ディズニーランドのカウントダウンの時に年またぎのキスをした」(男性・43歳)、など、ふたりの記念になりそうな「年またぎキス」をする人が目立つ。さらには「大好きな彼と一緒に過ごして10秒前から事前に用意していた風船を一つひとつわって、ちょうどの瞬間はチュー」(女性・39歳)と仕込み抜群な人も。「結婚以来14年年越しの瞬間はキスしてる」(女性・38歳)と儀式(?)化している人までいて、実は年越しキスって一般的!?

■プロポーズ編
「彼女にプロポーズした」(男性・35歳)とサプライズを仕掛ける男性も多いようで、「年越しと同時にプロポーズされた」(女性・37歳)、「初詣でおみくじをひくと大吉がでました。するとその直後に彼からプロポーズされた」(女性・45歳)と、「年越しプロポーズ」をされた女性が多い。一生の記念に残る特別なプロポーズになりそうだ。

甘い年越しエピソードが並んで、若干のお腹いっぱい感があるが、ぜひ皆さんもロマンチックな年越しを!
(池田園子)
(R25編集部)

最高にロマンチックな年越しは?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「憧れの年越し」男の夢TOP10
「憧れの年越し」女の夢TOP10
「最低の年越し」200人の証言
下着でゲン担ぎ?世界の年越し事情
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP