ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、モバイル端末向け8Gb LPDDR4のDRAMモジュールを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungとSKハイニックスは12月30日、業界で初めてモバイル端末向け8Gb LPDDR4 DRAMモジュールの開発に成功したと発表しました。LPDDR(Low Power DDR) のDRAMは、主にスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末向けにDDR規格よりも低電圧・低消費電力で動作するようにしたメモリ規格。今回Samusngは同社の20nmプロセスを適用して8Gb(1GB) LPDDR4モジュールを開発。同社は、このチップを4つ積層することで、4GBのRAMを構成することも可能としています。この製品の主なターゲットは、超高画質スマートフォンやタブレットなどのプレミアム製品などです。SamsungのLPDDR4モジュールでは、JEDECで標準化されたLVSTL(Low Voltage Swing Terminated Logic)のI/Oインタフェース技術を採用しており、既存のLPDDR3モジュールよりも2倍高速なデータ処理速度 3200Mbpsを実現、また、動作電圧1.1Vのアーキテクチャを採用しており、消費電力を40%削減しています。Samsungは来年のスマートフォンやタブレットの一部にこのRAMモジュールを採用すると述べているので、Galaxy S 5やGalaxy Note 4、Galaxy Tab Pro(仮称)などのハイエンドモデルには搭載されると予想されます。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Huaweiの新型6.1インチスマートフォン「Ascend Mate 2」の実物写真がまた流出
Xperia TとXperia VのPTCRB認証にAndroid 4.3ベースの公式ファームウェア「9.2.A.0.276」が追加
Mugen Power、4,000mAhバッテリーを内蔵したXperia Z Ultra用ケース「CC-6802」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP