ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel、Merrifieldプロセッサを搭載したリファレンススマートフォン‟Saltbay”を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nenamark2の公式サイトで、「Saltbay」と呼ばれるIntelブランドのAndroid端末のテストスコアが登録されていました。名前からIntelプロセッサを搭載した新しいリファレンスモデルかもしれません。Nenmark2サイトの情報によると、‟Saltbay”はAndroid 4.3、1196×720ピクセルのディスプレイ、最大2.1GHz駆動のCPU、PowerVR Rogue Hood GPUを搭載しています。PowerVR G6シリーズを採用しているところを見ると、現行のスマートフォン向けAtomではなさそうです。縦の解像度が中途半端なので、Saltbayはオンスクリーンボタンを採用したスマートフォンと推測されます。Intelは2014年中にスマートフォン向け新SoC‟Merrifield”の投入を予定しています。少なくともGPUがアップグレードされているところを見ると、‟Saltbay”は‟Merrifield”を搭載している可能性があると言えます。そのリファレンスモデルとして、‟Saltbay”を開発しているのかもしれません。‟Merrifield”は、Silvermontアーキテクチャーを採用した22nmプロセスのスマートフォン向けSoCです。Computex 2013で発表されました。既存のSoCからピーク性能が3倍ほど向上しつつもの、電力消費は最大1/5にもなり、プライバシー保護機能、LTEマルチモードモデム「XMM7160」にも対応しています。Source : Nenmark2



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCが台湾で「HTC Butterfly s 4G LTE」を発売、新色‟ローズピンク”も追加
SwipeBack : Androidの「戻る」ボタンを押す動作を画面上のスワイプ操作に変えるXposedモジュール
Gravity Box : 物理ボタン搭載端末のナビバー追加やナビバーの高さ調節など、Androidの色んな部分をカスタマイズできるXpoesedモジュール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP