ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MMD研究所が「2013年スマートフォンアプリの利用実態調査レポート」を公開、パズルゲームジャンルのトップは「パズドラ」、ソーシャルサービスのトップは「Facebook」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD研究所は12月27日、同社が20歳以上の国内スマートフォンユーザー男女560人を対象に行ったアンケート調査「2013年スマートフォンアプリの利用実態調査」の集計結果を発表しました。今回の調査レポートでは、今年よく利用されたアプリジャンルやゲームジャンル(パズル、アドベンチャー、それ以外のゲームで)、アプリ内購入経験の割合とその利用額、よく利用された/利用されなくなったアプリ・ソーシャルサービスを知ることができます。2013年で最も多く利用したアプリのジャンルを問う質問では、「無料通話/チャット」と回答した人が全体の30.5%と最も多く、続いて「SNS」と回答した人は14.5%、3番目には「ゲーム」と回答した方が9.5%でした。日本はスマートフォンアプリでもゲーム大国と言えますが、それを抑えてチャットアプリが最も多かったようです。チャットアプリはメールや電話のように1日のうちでも頻繁に利用するコミュニケーションツールなので、長く利用したと感じた方が多かったのでしょう。次に、最初の質問で「ゲーム」と回答した方を対象に、パズルゲーム、アドベンチャーゲーム、それ以外のゲームの中から最も多くプレイしたゲームジャンルを問う質問では、パズルゲームの利用率が77.9%、アドベンチャーゲーム利用率が31.0%で、以外のゲームアプリ利用率が34.9%でした。パズルゲームの中でトップとなったのが「パズル&ドラゴンズ(30.1%)」、続いて「LINE ポコパン(16.9%)」、3番目は「LINE POP(11.9%)」でした。アドベンチャーゲームでトップとなったのが「魔法使いと黒猫のウィズ(33.3%)」、続いて「LINE ウィンドランナー(25.3%)」、3番目は「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(8.0&)」でいした。それ以外のジャンルでトップとなったのが「ドラゴンクエストVIII(19.4%)」、続いて「神撃のバハムート(14.3%)」、3番目が「チェインクロニクル(10.2%)」でした。2013年に最も多く利用したソーシャルサービスを問う質問では、トップが「Facebook(34.3%)」、2位は「Twitter(21.1%)」、3番目は「mixi(5.5%)」、4番目が「Google+(3.4%)」でした。5位以降は「利用していない」または「それ以外」と回答しました。Source : MMD研究所



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、2013年を写真や動画で振り返える「2013おまかせビジュアルムービー」をGoogle+ユーザーに送信中
Intel、Merrifieldプロセッサを搭載したリファレンススマートフォン‟Saltbay”を開発中?
SamsungのAndroid用ワイヤレスゲームコントローラー「GamePad」開封の儀

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP