ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JALのビジネスクラスシート「スカイスイート」 搭乗率高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ライバル同士が熾烈な乗客争奪戦を繰り広げる日本~欧米間の航空路線にあって、80~90%台の高い搭乗率を誇るエアラインがある。日本の翼、JAL(日本航空)だ。2010年1月に経営破たんした同社が“起死回生の一手”に導入した新しいシートが、世界中を飛び回るビジネスマンや、旅慣れた旅行者たちの絶大な支持を得ているのだ。

 2013年1月9日。満席の成田発ロンドン・ヒースロー行きのボーイング777-300ERは、業界が注目するフライトとなった。JALが新たに開発を進めてきたビジネスクラスシート『スカイスイート』の、初フライトだったのだ。

 このフライトを誰よりも待ち望んでいたのは、『スカイスイート』の企画・開発に携わった顧客マーケティング本部の藤島浩一郎だ。

 2007年末、藤島は商品とサービスの開発を担当する部署にやってきた。客室乗務員のサービスを統括・管理していた経験を持つ、機内サービスのプロだ。

 着任した藤島が痛感したのは、長距離路線の座席、とくにビジネスクラスのシートの改善だった。

「当時ビジネスクラスでは、『シェルフラット』というリクライニング角度が170度のシートを採用していました。しかし他のエアラインでは、すでに180度水平になる、いわゆるフルフラットのシートが常識。正直、見劣りしている感は否めませんでした」

 長距離路線では10時間以上も座り続けることになるシートの出来不出来は、乗客にとって切実な問題だ。だが、経営悪化で設備投資が凍結されていたJALには、新シートを開発する余裕などなかったのである。

 2010年4月、そんな藤島に転機が訪れた。経営破たんしたJALを再建するためにやってきた稲盛和夫会長(当時)ら経営陣から、新シート開発の指令が出たのだ。

 藤島にはアイデアがあった。それは2009年にドイツで開かれた航空機の内装展示会で見たシートである。

「アメリカのB/Eエアロスペース社に見せてもらったファーストクラス用のシートだったのですが、これを元にビジネスクラスのシートを開発すれば、1クラス上のサービスが提供できると思ったのです」

 藤島を中心とした新シート開発チームが動き出した。

 それまでJALでは、シートメーカーが提案してきた製品の中から選ぶのが当たり前だった。だがこれでは既製品は超えられない。“JALにしかないオリジナルシートを作るべき”というのが藤島の信念だった。

 コンセプトは2つ。フルフラット化を中心とした快眠の追求と、全席通路アクセスの確保である。従来の『シェルフラット』では、窓側や真ん中の乗客が通路に出るには、通路席の人の足を跨がねばならなかった。

「これでは落ち着いて寝ていられません。ストレスも溜まるでしょう」

 藤島は、隣り合う座席を前後にずらして配置することで通路のスペースを生み出すことにした。さらにシートの周囲にパーテーションを設けプライバシーを確保し、個室感を演出する。

 コンセプトは決まった。破たん前のJALならば、次に図面を元にB/Eエアロスペース社に試作品を発注していただろう。だが藤島は、驚くべき行動に出た。発泡スチロールの板を多数買って羽田の整備場に持ち込み、新シートの実物大の模型を作り始めたのである。それも1席ではない。窓側、通路側、真ん中と3種類も。

「コンセプトや図面だけでは、シートの本当の利便性はわからない。二次元ではなく三次元で発見できることも多いのです。試作品の完成を待っている時間も惜しかったですし(笑い)」

 こうして完成した新シート『スカイスイート』は大型機777-300ER機に搭載され、冒頭に記したようにロンドン線でデビュー。現在では、パリ、ニューヨーク、ロサンゼルス線に就航し、いずれも高い搭乗率を記録している。先日、同じコンセプトのビジネスクラスシート『スカイスイートⅡ』が、一回り小さい767機にも登場した。

「じつは、『スカイスイート』は『シェルフラット』に比べ座席数が減っています。これは社内でも議論になりました。しかし、新生JALはお客様の立場に立つべきです。お客様にとって快適な機内とは何か? 座席数を減らしてでもそれを実現したかったのです」
(文中敬称略)

■取材・構成/中沢雄二

※週刊ポスト2014年1月1・10日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最強美熟女・藤田紀子さん 65歳のプリマドンナ姿撮り下ろし
手塚治虫キャラ登場のスクラッチくじ 1等賞金は通常の10倍
発売前から話題の情報機器「グーグルグラス」何ができるのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP