体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

劇場版ガリレオ第2弾『真夏の方程式』BD&DVD発売! 映像特典をチラ見せ【動画アリ】

2007年、フジテレビ月9枠で放送された東野圭吾原作のドラマ『ガリレオ』。変人でありながら、天才的な頭脳をもつ物理学者・湯川学を演じた福山雅治さんの見事なまでの好演が大反響を呼び、平均視聴率21.9%という異例の高視聴率を獲得。さらに翌年公開された映画『容疑者Xの献身』は、興行収入49.2億円の大ヒットを記録しました。それから5年の時を経て、今年4月に新シリーズのテレビ放送が開始。湯川に事件解決の依頼をする新たな刑事役に吉高由里子さんを迎え、4週連続20%超えという驚異的な視聴率を叩き出し、再び日本中を席巻しました。

そして6月に劇場版ガリレオ第2弾『真夏の方程式』を公開。共演陣には吉高由里子さん、北村一輝さんらレギュラー陣をはじめ杏さん、前田吟さん、 風吹ジュンさんら本格派俳優が勢揃い。また前作『容疑者Xの献身』に続き、監督は人間ドラマの名手・西谷弘氏、脚本は福田靖氏が勤めています。 本作で湯川学が挑むのは、東野圭吾シリーズ史上、最も切ない「謎」の方程式。解いてはいけない、愛が閉じ込められた謎。美しき海の町で、真夏の夜に起きた不可解な事件。それは事故か、殺人か。複雑に絡み合う因縁。重ねられた嘘と罪。そして、深まりゆく「謎」……。ガリレオ湯川は、その悲しき方程式を解き明かすことができるのか。

興行収入32億、動員260万人突破の大ヒットを記録した、2013年最大の感動作が12月25日にBlu-ray&DVDになって登場! 

進化を遂げた湯川学を、ぜひあなたのコレクションに加えてください! スペシャルエディションには映像特典として“映画「真夏の方程式」大ヒット現象を解明せよ!”を収録。その内容をちょっとだけお見せしちゃいます。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。