ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技、Snapdragon 800を搭載したMi3 WCDMA版を12月31日に発売、価格は1,999元(約34,000円)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 小米科技(Xiaomi)が同社の最新フラッグシップスマートフォン「Xiaomi Mi3」のWCDMA対応版を12月31日に発売すると発表しました。Mi3は今年10月よりそのGSM/TD-SCDMAに対応した‟中国移動版”のみ販売されており、同時に発表されたGSM/WCDMA対応の”中国聯通版”はしばらく待ちの状態でした。その中国聯通/WCDMA版が12月31日に発売されるわけです。Mi3 中国聯通/WCDMA版は、5インチ1,920✗1,080ピクセル(441ppi)のシャープ製液晶、Snapdragon 800 MSM8974ABプロセッサ、2GB RAM(LPDDR3)、16GB/64GBストレージ、3,050mAhバッテリーなどを搭載。カメラは背面に1,300万画素のExmor RS(F2.2 28mmレンズ、デュアルLEDフラッシュ、動画は最大1080p)と前面に200万画素のExmor R(F2.2 32mmレンズ、動画は最大1080p)を搭載。その他、USB-OTG機能、Immersionのハプティック(触覚)フィードバック機能なども搭載しています。12月31日に発売されるのは16GBモデルのみ。価格は既存のTD版と同じ1,999元(約34,000円)です。このスペックを考えると非常に安いですね。OSはAndroidベースのMIUI V5を搭載します。Source : 小米科技



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4.2(KitKat)ベースのCyanogenMod 11をXperia tipo/tipo dualに移植するプロジェクトが進行中
MMD研究所が「2013年スマートフォンアプリの利用実態調査レポート」を公開、パズルゲームジャンルのトップは「パズドラ」、ソーシャルサービスのトップは「Facebook」
Android 4.4.2(KitKat)ベースのカスタムROM「AOKP」Nightlyビルドの公式提供が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP