ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンコー、Android 4.2.2・Google Play対応のテレビ向けAndroid端末「Android SmartTV Quad-core 4」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンコーは12月27日、テレビや外部モニタをAndroidパソコン化する新製品「Android SmartTV Quad-core 4」を発売しました。価格は19,800円で、サンコーレアモノショップで販売されています。Android SmartTV Quad-core 4は、本体サイズ242×170×67mm、質量180gの小型端末で、Android 4.2.2を搭載しており(Google Play対応)、HDMI対応のテレビや外部モニタに接続することで、それらをAndroidパソコンとして使用できるようになります。シリーズ化されている「Android SmartTV Quad-core」としては初めて有線LANに対応するほか、モニタの向きに合わせてUIを回転できる「画面ローテーション」機能や、画面上のメニューバーを非表示にして画面を広く使える機能も搭載しています。プロセッサはCortex-A7を4基内蔵した1.6GHz駆動のクアッドコア、RAM容量は2GB(DDR3)、内蔵ストレージの容量は4GB、SDカードスロットもあります。外部端子はHDMI出力端子、コンポジット映像出力端子、USB端子(給電、USBホスト対応)を搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth、10/100BASEのLANに対応。製品にはリモコンも付属します。Source : サンコーレアモノショップ



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、画面を2度タップすると消灯/スリープ解除できる「ノックオン」機能をOptimus L IIシリーズに2014年1月より順次提供へ
台湾BungBungameが開発している$299のスーパーフォン「Project S」の試作機映像
Android版mixiがv7.7.0にアップデート、ホーム画面で参加コミュニティの新着書込みを閲覧することやボイスへの「イイネ」付けが可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP