ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Sensoria、ランナー向けスマートな靴下「Sensoria Fitness Socks」を開発、2014年3月に発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

心拍数を測定するスマートなシャツやスポーツブラを開発した米Sensoriaが、今度は「Sensoria Fitness Socks」と呼ばれるランナー向けのスマートな靴下を開発しました。同社のスマートソックスは、圧力が加わると微弱な電流を発生する特殊な繊維を用いて作成された靴下(洗濯可能)、Bluetooth対応のアンクレット、スマートフォン用のモバイルアプリで構成されており、靴下を履いて歩いたり走ったりすることで、アンクレットが親指・小指・踵の3か所で発生した電流を受信します。アンクレットは靴下より得た歩行データに加えて、気温や高度、地面の起伏情報も同時に取得し、スマートフォンにBluetoothで転送します。

モバイルアプリはアンクレットから受信した各種データを記録・分析し、歩数や移動距離、速度、消費カロリー、高度を算出。スマートフォンでリアルタイムに確認できます。同社によると、このスマートソックスで取得したデータの精度は非常に高いとのこと。モバイルアプリには歩行分析機能と仮想コーチ機能も搭載されており、設定目標に対するアドバイスだけではなく、ランナーの足遣いに関してもアドバイスを提示してくれるそうです。同社のスマートソックスはステップのリズムや両足の加重バランスを測定することも可能になる予定で、将来には、ダンスやゴルフなどのランニング以外のスポーツに関するコーチ機能、ハイヒールを履く女性に対して足に負担のかからない適切な歩き方を提示する機能も追加される予定です。Sensoria Fitness Socksの発売時期は2014年3月で、同社の公式オンラインショップで予約受付が行われています。価格は$199(予約期間中は$149)で、靴下は単体でも購入できます。Source : Sensoria



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperiaロゴステッカーを貼ったランボルギーニのスーパーカーが香港の街中を走る
LG、画面を2度タップすると消灯/スリープ解除できる「ノックオン」機能をOptimus L IIシリーズに2014年1月より順次提供へ
台湾BungBungameが開発している$299のスーパーフォン「Project S」の試作機映像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。