ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ふるさと納税」豪華特典で人気!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2008年からスタートした「ふるさと納税」。“納税”とあるが、実際には都道府県や市町村に対する“寄付金”のことで、自分で選んだ自治体に払うことができる仕組みだ。個人が2000円を超える寄付を行うと、所得税や住民税から一定の金額が控除される。

【画像や図表を見る】

当初はその名の通り、故郷の自治体への“納税(寄付)”を想定して導入された制度だが、最近では新たな“活用法”が広がっているという。ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」の須永珠代代表に現状を聞いた。

「寄付の“特典”として、地域の特産品や記念品をくれる自治体があり、この特典の豪華さが人気を呼んでいるのです。たとえば5000円の寄付でも、徳地黒毛和牛の焼肉盛り合わせ350g(山口県山口市)、いちご『さがほのか』4パック入り化粧箱(佐賀県東松浦郡玄海町)などがあります」

なかには地元企業とコラボした特典もある。たとえば大阪府池田市の特典は、日清食品とのコラボ。中身は期待通り(?)、「日清食品インスタントラーメン詰め合わせ(5000円相当)」で、エリア限定商品”や“ひよこちゃんオリジナルグッズ”も含まれる。寄付をするだけで、多少なりとも税金も安くなって特典までもらえる、まさに一石二鳥というわけだ。

ちなみに、寄付金を募る自治体側は、農業や観光業といった地場産業を支援するためにこの制度を使うケースも少なくない。たとえば、埼玉県宮代町は、地元産品や遊戯施設の入場券などを特典にして、里山の保全と整備のために500万円の寄付を募ったところ、開始から約1カ月で目標金額を達成した。

“納税者”としても、何に使われるかわからない普通の税金や寄付よりも、自分の好きな地方名産品の生産者を支援することに使われる方が、寄付しがいがあるというもの。いわば“目的税”に近いふるさと納税は、自治体による「クラウドファンディング」とも言うべき仕組みになりつつある。

あなたも、お気に入りの名産品や応援したいプロジェクトを探して、“お得に納税”してみてはいかがだろう。

(駒形四郎)
(R25編集部)

「ふるさと納税」豪華特典で人気!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「スマホ操作」IT音痴な親が暴走
定額「使い放題」サービスの選び方
「au未来研」アニメの本気度が凄い
スマホAndroid端末の選び方
知らなきゃ損!一人暮らしの節約術

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP