ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戦士、少年、美少女、ロンドン、宇宙……2014年は“普通じゃない”アクションが熱い!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2012年に公開され、全米で歴代オープニング記録を塗り替えるなど、映画を超える社会現象を巻き起こし、日本でも大ヒットを記録した『アベンジャーズ』。そして新たなる『アベンジャーズ』に向けて、マーベル・スタジオが総力を結集した最新作が、アベンジャーズ最強の男“ソー”とその弟にしてアベンジャーズ最強の敵“ロキ”を主人公にしたアクション超大作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』です。

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の舞台はロンドン。NYで壮絶な死闘を繰り広げた『アベンジャーズ』に負けず劣らずの迫力の戦いが繰り広げられますが、来年は年明けから一風変わったアクションが含まれる話題作が目白押し。これらを抑えておけば、正月ボケも一気に吹っ飛ぶ?!

■『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
2月1日(土)より2D/3D同時全国公

本作は、10月30日より全世界70の国と地域で順次公開され、週末のみの成績で早くも1億ドルを突破し各国初登場1位を飾った!続く11月8日の全米公開時にも2週連続で1位となり、全米を含む全世界の興行収入が現在までの合計で6億1,992万ドル(約614億円)を突破し2008年に公開された「アイアンマン」の全世界興収(5億8,517万ドル)を超える記録。(※12月15日までの集計。※1ドル99円換算)今、世界中で“マイティ・ソー旋風”が巻き起こっています。

【ここが“普通じゃない”!】
→神々による地球を舞台にしたアクション

本作の主人公、ソーはアベンジャーズ最強の戦士にして、全能の神とも呼ばれるアズガルド国王オーディンを父に持つ、アズガルド国の若き王子。「アベンジャーズ」では義弟であるロキの手により襲われたNYを守るため、他のアベンジャーズのメンバーとともに戦いました。最新作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で新たにロンドンを舞台に、地球で出会った恋人ジェーンと地球を救うため、アベンジャーズ最大の宿敵であるロキと協力し、奮闘する。見慣れた地球の都市で繰り広げられる、神々の壮絶な戦いは、迫力、斬新さとも普通じゃない!

■『エンダーのゲーム』
2014年1月18日より全国公開

オースン・スコット・カードが1977年に発表し、アメリカSF界の権威であるヒューゴー賞とネビュラ賞をダブル受賞した名作小説「エンダーのゲーム」を映画化。

【ここが“普通じゃない”!】
→宇宙を舞台にした、少年少女による無重力アクション

異星人の侵攻を受けた人類が創設した「戦いを終わらせる者」を育成するバトルスクールにて特別な才能を発揮しながらも、戦うことへの疑問と重い宿命に苦悩するエンダー。“普通じゃない”環境に置かれたその姿からは日本を代表するアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公、碇シンジを彷彿とさせ、日本人だけでなく世界中に大きな共感を呼ぶこと間違いなし?!

■「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」
2014年2月22日より全国公開

オタクな高校生がヒーローとして立ち上がる姿を描いたマーク・ミラー原作のコミックを映画化し、口コミで評判が広まり全米大ヒットを記録した「キック・アス」のシリーズ第2作。

【ここが“普通じゃない”!】
→美少女による容赦ない残虐アクション

特殊能力を持たない普通のオタク高校生デイブ扮するスーパーヒーロー“キック・アス”ととも悪に挑む“ヒット・ガール”(クロエ・モレッツ)によるキュートな外見からは想像もつかない過激で悪辣な発言と何より残虐なアクションの数々は、前作の口コミによる大ヒットも納得の“普通じゃない”アクション映画の金字塔といっても過言ではない?!

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』ストーリー

ニューヨークに壊滅的な打撃を与えた「アベンジャーズ」の戦いから1年──英国・ロンドンに原因不明の重力異常が発生。ソーの恋人である天文物理学者のジェーンは、調査の過程で地球滅亡の鍵となる“ダーク・エルフ”の力を自らの身体に宿してしまう。打開策を求め、ソーは地球を離れ “アスガルド”にジェーンを連れていくが、そのために愛する家族や故郷をも危機にさらすことに…。絶望的な状況の中、ソーの最後の頼みの綱は、血のつながらない弟にして宿敵であるロキだった。ジェーンと地球を救うために立ち上がるソーとロキ。果たしてジェーンの身体から“力”を取り出し、ダーク・エルフによる地球の侵略を回避することはできるのか? そして、ロキの真の目的とは…?運命の戦いの舞台は、ロンドンへ。

http://www.marvel-japan.com/movies/thor/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP