ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夜間撮影用スマホ取り付けレンズ「Snooperscope」 ワイヤレスで映像送信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンのカメラの性能は年々良くなってきているが、それでもやはり夜間など暗いシーンでの撮影は限界がある。だがこのほど登場したスマホ取り付け型のレンズ「Snooperscope」を使うと、スマホを使って暗視撮影ができるようになる。被写体から出る赤外線を反射させることで、明かりのない場所や夜間などでの写真・動画撮影を可能にしてくれる。

Snooperscopeは円筒状で直径4.2センチ、長さ7.5サンチ、重さ80グラム。レンズの反対側に強力なマグネットがあり、スマホやタブレット端末の背面にぴったりとつくようになっている。スマホだけでなく、磁石がくっつくものであればレンズは何にでも取り付け可能で、三脚などでの利用もできる。

レンズは専用アプリ(iOSとAndroidに対応)をダウンロードした端末と連動するようになっている。レンズがとらえた映像はワイヤレスでアプリに送信され、スクリーンで映像をみながら録画などの操作を行うことができる。

開発した英国拠点のスタートアップによると、日常の夜間撮影だけでなく、ホームセキュリティや暗闇での動植物観察などにも活用できるという。レンズには充電式リチウムのバッテリーが内蔵されていて、駆動時間は約3−4時間となっている。

持ち運びが簡単で、撮影の幅を広げてくれるという便利なレンズだが、ただしひとつ注意することがある。それは、赤外線撮影なので被写体のサングラス部分やマーカーで塗りつぶした文字などでも透けて見えるということ。つまり、プライバシーなどに配慮した撮影マナーが求められそうだ。

Snooperscope

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP