体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メタルスライムの輝き! 『ドラクエスマホ』のこだわりに後悔ナシ!

ドラクエスマホ 鏡面

満を持してドコモから登場した特別モデル『ドラゴンクエスト スマートフォン』こと『SH-01F DRAGON QUEST メタルスライム(S)』を今回はレビューします。『ドラクエ』と共に育った記者の目に、この『ドラクエ スマホ』は一体どう映るのか。順を追って見ていきましょう。

外箱

箱1 箱2

ロトの紋章が施された宝箱風の外観となっている『特製宝箱』。もう、この時点でちょっと嬉しいです。本体が収められている部分の見えない部分の“穴”もスライムシルエットという徹底ぶり。

箱中

本体

磨きこまれたボディは滑らかな曲線によって、明らかにメタルスライムのような光沢となっています。

ボディ1

ただの鏡面仕上げではない、液体を思わせる映り込みには、制作側のこだわりを感じました。

表面にはスライム系、バブルスライム系、キメラ系、キングスライム系、ドラキー系などのシルエット、そしてロトの紋章がエッチング加工が施されています。

ボディ2

後述の『冒険の導き書』によれば、このスマートフォンは鍛冶職人によってメタル素材で作られたものだそうですよ。

冒険の導き書より

起動、ホーム画面

ロック画面は“封蝋”が施された紙のようなイメージ。

ロック画面

ここから冒険が始まるのか?

ロトの紋章をクリックすると……! おおお! スライムが刻印された紋章が壁紙に。

壁紙はほかにも「キングスライムシルエット」、「バブルスライムシルエット」、「ロトの紋章」なども用意されています。

ホーム画面

至る所が、『ドラクエ』風にきちんとカスタマイズされています。

『しゃべってコンシェル』の“しつじくん”もきちんとロトの装備に身を固めています。「キャラの部屋」ではしつじくんの衣装をDQIII風、VI風、V風、VIII風などに変更することもできるのです。というか、キャラの部屋の背景がFC版ドラゴンクエストの全体マップ調になってましたよ。

キャラの部屋
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。