ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾AltekがAndroid端末からのリモート撮影に対応した超小型デジカメ「Cubic Wireless Smart Camera」を発表、価格は約1万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界初の光学ズームレンズ付きAndroidスマートフォンを発売した台湾のデジカメメーカー「Altek」が、Androidスマートフォン・タブレットからのリモート撮影に対応した小型デジカメ「Cubic Wireless Smart Camera」を発表しました。Cubicは、手の平サイズの小型ボディに、1/2.3型1,300万画素CMOSイメージセンサー、光学3倍ズームレンズ、NFC/Wi-Fi接続機能、キセノンフラッシュ、シャッターボタン、バッテリー、Micro SDカードスロットを搭載したデジタルカメラです。本体サイズは52.5 x 45 x 26mm、質量はわずか65g。一見すると、Sonyが今年秋に発売した「DSC-QX10/QX100」のような製品ですが、Cubicにスマートフォンに固定する仕組みは無い模様です(未確認ですが)。その代り、キセノンフラッシュが付いています。基本的にはスマートフォンやタブレットにファインダー機能を提供する専用アプリをインストールし、端末のディスプレイを使って構図を決めたり、シャッターを切ったり、撮影した写真・動画を視聴します。本体上のシャッターボタンを使えば単体でも撮影可能です、動画は最大1,920×1,080ピクセル(フルHD)で記録可能。レンズの絞りと焦点距離はF3.3~5.9、30~90mmです。シャッタースピードは1/4~1/1600秒に対応しています。専用アプリは顔認識、タッチフォーカス、タッチシャッターなどの機能を搭載。対応機種はAndroid 4.0以上を搭載した端末。製品にはリストストラップ、ポーチも付属しています。Cubicの販売価格は2,980台湾ドル(約1万円)。DSC-QX10の半額以下です。Source : Altek



(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、スマートフォンの落下防止に役立つ「バンカーリング」の新モデルを発売
ビックカメラ、7インチタブレットをお風呂テレビ化するスピーカー付防水タブレットケース「AVJ-001」を発売
HTCの次期フラッグシップ‟M8”に関する新情報、独立した2つのカメラレンズや指紋認証機能を搭載か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP