ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Dragon Ash、新アルバム曲“Curtain Call”が初のドラマ主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

Dragon Ashが2014年1月15日にリリースするニュー・アルバム『THE FACE』の収録曲“Curtain Call”が、バンド初となるTVドラマの主題歌に決定した。 


Dragon Ash 『THE FACES』ジャケット画像

“Curtain Call”は、新作『THE FACES』のラストを飾る切なくも優しいナンバー。DAが今月4日に東京・EX THEATER ROPPONGIで実施したシングル“Lily”のリリース・イヴェント〈Lily’s Party〉のアンコールで初披露されたものだ。

同曲が主題歌に起用されたのは、1月24日にスタートするフジテレビ系のドラマ「天誅~闇の仕置人~」。戦国時代から現代にタイムスリップしてきた謎の女忍者・サナが、闇で悪を裁く仕置き人となる物語で、主人公はドラマ初主演となる小野ゆり子が担当。彼女を支え、警察が介入できない事件を闇で裁く人物・村田正子役は、フジの連続ドラマは初出演となる泉ピン子が務める。番組制作スタッフが熱望したことで実現に至ったというDragon Ashによるテーマ曲が、ストーリーをどのように彩るのか楽しみなところだ。ファンはぜひチェックしてみよう。

★Dragon Ash 『THE FACES』の詳細はこちらから

 

〈Dragon Ash 『THE FACES』収録内容〉
【CD】
1. Introduction
2. The Show Must Go On
3. Trigger
4. Run to the Sun
5. Neverland
6. Today’s the Day
7. Here I Am
8. Blow Your Mind
9. Still Goin’ On  feat. 50Caliber, Haku the Anubiz, WEZ from YALLA FAMILY
10. Golden Life
11. Walk with Dreams
12. The Live  feat.KenKen
13. Lily
14. Curtain Call

【DVD】※初回限定盤のみ
・PV収録予定曲:
“Lily”“Here I Am”“Trigger”“Run to the Sun”“Walk with Dreams”
・スペシャルビデオ〈THE SHOW MUST GO ON〉

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP