ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z1f SO-02Fのバッテリーの持ちに関する調査レポート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Xperia Z1s SO-02Fのバッテリーの持ちに関する調査レポートです。Xperia Z1fは、4.3インチのHDディスプレイやSnapdragon 800 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、2GBのRAMなどを搭載したハイスペックな機種です。本体は小柄な割に2300mAhと同じサイズのスマートフォンの中でも大きい容量のバッテリーを積んでいます。なので、バッテリーの持ちに期待している方も多いと思いますが、実際にはどうだったのでしょうか。今回のテストでは、画面輝度を「Auto」(スライダーで輝度の幅を調節できますが、それは最大にしました)、Wi-Fi/GPS/LTEはON、BluetoothはOFF、節電機能は全く使用せず、という状態で、YouTube動画とFC2動画を計1時間視聴、Crazy Snowbaordゲームを30分ほどプレイ、5分間通話、Googleマップを5分使用(買物に出かけた際に使用)という操作を行いました。基本的には自宅で使用しており、2度買物に出かけました(計1時間程度の外出)。このような使い方をしたので休日に自宅で過ごす場合の持ちだと考えてください。テストの結果、バッテリー容量が100%→25%に下がるまでの時間は11時間9分でした。感覚的にはXperia Z1よりも長く使用できたと思います。同じ画面サイズの他社製品と比較しても長持ちだと言えるほどの消費時間だと思います。信用度は全くありませんが、Xperia Z1fのバッテリーの持ちは良い方だと言えます。ちなみに、25%→100%までの充電時間(純正ホルダを使用)は、1時間45分でした。NTTドコモのスペックシートには「160分」と記載されているので、0%からでも公称値より短時間で充電できると思います(ACアダプタによって長くなる可能性もあります)。Link : Xperia Z1fのスペック(NTTドコモ)



(juggly.cn)記事関連リンク
楽天市場で22,800円からの「Kobo Arc 7HD」の販売が開始
「Xperiaアンバサダー・プログラム」への応募受付が開始
Sony Mobile、CES 2014で新フラグシップ‟Sirius”を、5月には5インチスマートフォン‟Canopus”を発表か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。