ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドコモスマートフォンの「実使用時間」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモが2013年冬モデルでスペックシートに追加した「実使用時間」。NTTドコモはこの「実使用時間」をベースに、全機種2日間以上使えて、一部は3日間以上も持つと言い切っています。今のスマートフォンのバッテリー消費時間を考えると、2日持つと言われるとビックリ仰天です。ただ、気になるのはその計測方法です。NTTドコモの発表によると、「実使用時間」とは、

‟一般に想定されるスマートフォンの利用(Web閲覧等を約40分、メールや電話を約20分、ゲームや動画、音楽を約15分、その他(アラームなど)を約5分の計約80分間/日の利用)があった場合の電池の持ち時間です(ドコモ調べ)。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によってはそれを下回る場合があります。”

ということです。まあ、NTTドコモが定義したスペックなので、この情報自体に文句などは何もありませんが、気を付けなければならないのは、注釈にも記載されているように、どのような使い方をしてもこの時間持つことが保障されているわけではないことです。当然のことながら、バッテリーの消費スピードは使い方(アプリや機能のON/OFF状態など)や使用環境、使用率などの様々なことに左右されますが、あくまでも「実使用時間」は平均的な使い方をした場合の使用可能時間に過ぎません。ちなみに余談ですが、「実使用時間」は、平均的な最近のスマートフォンユーザーの使用時間にもなるので、例えば、「スマートフォンどれくらい使っている?」と質問する中で、定義の項目を聞き出せば、その人がライトユーザーなのか、ヘビーユーザーなのか、それを判別することにも役立ちそうです。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、CES 2014で新フラグシップ‟Sirius”を、5月には5インチスマートフォン‟Canopus”を発表か?
NTTドコモ、学生とその家族を対象にした基本料の割引キャンペーン「ドコモの学割2014」と「学生家族いっしょ割2014」の申込受付を2014年1月14日に開始
台湾AltekがAndroid端末からのリモート撮影に対応した超小型デジカメ「Cubic Wireless Smart Camera」を発表、価格は約1万円

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP