ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年開運顔相占い 「澄んだ白目は○、すきっ歯は×」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あっという間に年の瀬、そして新年。一年を振り返り、いい年だったという人もいれば、ツイてなかったという人もいるのでは。新年こそは運を味方につけたい! そんな人のために、2014年の開運顔相占いをご紹介。鬼谷算命学や顔相を中心にあらゆる占いに精通するマダム・セリカさんに、ツイてる顔について聞いた。

 2014年の開運キーワードは、明眸皓歯(めいぼうこうし)。瞳が澄んで美しく、歯が白く整っているという意味で、楊貴妃をしのんで作られた美女の形容詞だという。

「2014年、中宮という中心の星に入るのは四緑木星。若く美しい女性を表します。それは過剰に装飾したりゴージャスな美女ではなく、品が良く素直で、誰からも好感を持たれる普通のお嬢さんを意味します。ですので技巧に走るより基礎を美しくすることが運を呼びます。素のままで健康的に美しく。女性なら巻き髪やつけまつ毛、爪を過剰に飾るのではなく、素顔に見えるお化粧を。目と口元がきれいで清潔感がある方にツキがあります」

 顔相はパーツによって恋愛、仕事、金運と観点が変わってくるが、2014年は明眸皓歯ということで目と口元がポイント。目と口は恋愛運を見るパーツでもあるという。まず目について、マダム・セリカさんはこう解説する。

「本来、黒目が大きかったり、潤んでいる目は男性を誘う目ですが、来年はそういった技巧的な部分ではなく、澄んで美しく白目がきれいで、見ていて安心できる穏やかな目がいいですね。みなさんパソコンや携帯の多用や夜更かしで目を酷使していますが、それではきれいな白目にはなりません。ドライアイなんてもってのほかですから、生活習慣から変えてきれいな目を作りましょう。また、眉と眉の間が離れすぎている相は“誰でもウエルカム”になって安っぽくなるので、メイクで改善しましょう」

 続いて口元について。唇は、上下のバランスが良い唇がいいそう。

「下唇が厚い人は愛され、上唇が厚い人は自分から愛することを表しています。女性で上唇が厚い人は、母性本能が強いのでダメ男でも愛してしまうので注意しましょう。上下薄い方は唇にリップラインを足してバランスよくするといいですね。また、恋愛運を上げるには、グロスでプルプルの柔らかい赤ちゃん唇にすることがポイントです」

 歯にも相があるとマダム・セリカさんは言う。開運ポイントは、もちろん白い歯と歯並び。

「前歯二本は、両親を見ます。乱れやすき間がなくお行儀よく並んでいると、しっかりしたご両親の元で育ったと読みます。前歯は大事なポイントで、大きいと生命力の強さを表しますし、歯が出ていると積極性を表すのでお仕事する方にはいいですね。また、口はお財布を表します。鼻の下の「人中」がまっすぐだと、無駄遣いせず、仕事を表す「鼻」で稼いだお金を口元(財布)に入れることができます。歯にすき間があると、財布からお金が出ていってしまいます」

 八重歯(犬歯)は女性の場合チャームポイントとして見られるが、歯相としては意外にもNG。娘時代は魅力だが、大人になってもわがままになってしまうという。同じくNGのように思われがちな屏風型の前歯は、スポーツ選手、政治家、経営者など勝負をかける仕事、会社の命運を背負う人にとっては吉であるとも。ただし、歯のラインはまっすぐが吉。一方、女性の場合は、口角を上げた際の弓型のラインに合った歯並びがツキを呼ぶという。

「最近は男性でも歯を白くしたり矯正している人が増えてきましたが、それはとてもいいこと。海外に行く機会も増えていますから、歯は美しいほうがいいですね。お化粧をしない男性は、勝負するなら歯並び。調えると対人運、人間運がアップします。社会的地位の高い人と仲良くしたかったら、自分も同じレベルにならないとその中に入れません。運気的にもグレードアップしますから、もし自分の歯が乱れていたら、矯正するほうがいいと思います。良い部分は伸ばして、マイナス面は補正する。毎日鏡に映る自分を人はインプットしますから、魅力的な自分になると運勢も変わってきますよ」

 印象やツキまでも大きく左右してしまう歯は、口元の中でもとりわけ大事なパーツ。生まれて持った目の黒目や大きさは変えられないが、歯並びや色は男女問わず調整できるもの。東京都中央区日本橋浜町にある「トルナーレデンタルクリニック歯科・矯正歯科」の龍信之助院長は、医学的な観点から、口の中の情報をもとに利き腕や性格、家庭環境などを推測することもできると語る。

「お口の中の環境、つまり虫歯菌や歯周病菌の感染は母子感染などの経路が特に疑われていますし、歯磨きの習慣などは家族での教育によるものが大きいです。実際、歯並びは指しゃぶりなどの習癖によって悪くなります。そういう意味で、親御さんから歯磨きや歯科医院に通うことをしっかりと習慣づけられている方は、歯並びや状態がいいだけでなく、大人になっても自分で管理ができていると言えるかもしれません。

 八重歯については、女性もチャームポイントと考えるのは20代までで、30才を過ぎるとウイークポイントと考えて矯正に来られる方も多いですね。歯磨きがしづらいこともあり、虫歯にもなりやすいですから、早めの治療をお勧めします」

 歯を白くしたり歯並びを良くすることは、見た目の清潔感を与えるばかりではなく、自身の内面にも大きく作用するという。

「矯正やホワイトニングの患者様の中には、“口元がコンプレックスで笑えなかったけれど、大きく笑えるようになりました”と言ってくださる方も多いです。歯の色や歯並びを整えることが自信につながり、患者様の気持ちをポジティブに変えることができるのであれば、それこそ歯科医冥利につきますね」

 マダム・セリカさんによると、全体的な運気的にも暗い冬の時代は2013年で終わり、2017年からの春を迎える「陽の時代」に徐々に移行していくとのこと。このタイミングに乗り遅れないよう、心機一転、外見も内面もシンプルかつ健康的に一新したいもの。さあ、運気を味方につけて明るい新年に!



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ミス・ユニバースに見る世界で通用する笑顔の作り方とは?
米婚活サイト発表「相手を選ぶ決め手は歯」でも歯茎全開はNG
日本に住む外国人の76%が日本人の歯並びが悪いと感じている

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。