ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国Gionee、回転式カメラと8コアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「Gionee ELIFE E7 mini」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー Gioneeが回転式カメラと8コアプロセッサを搭載したインパクトのある仕様のAndroidスマートフォン「Gionee ELIFE E7 mini」をインドで昨日発表しました。GioneeはMSM8974ACプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「Gionee ELIFE E7」を世界で最初に発表したとして最近話題となった企業です。今回発表された「Gionee ELIFE E7 mini」は、その小型版のような機種ですが、ハードウェア仕様はまるで異なります。特徴は上部の1,300万画素カメラがぐるりと回転して、1つのカメラで様々なアングルから写真を撮影できることです。ただ、このような回転式カメラはGionee ELIFE E7 miniだけではなく、OPPO N1にでも採用されており、初物ではありません。このほか、4.7インチ1,280×720ピクセルの液晶ディスプレイ、Cortex-A7ベースの8コアプロセッサ「MediaTek MT6592 1.7GHz」、1GB RAM、Android 4.2.2、Amigo UI 2.0なども搭載しています。Gionee ELIFE E7 miniの価格は18,999ルピー(約52,000円)とのことです。Source : Fone Arena



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCが台湾でLTE対応スマートフォン「HTC One 4G LTE」を発売
日テレ、第90回箱根駅伝のスマートフォン・タブレット用速報WEBアプリを2014年1月2日7時に提供開始、今回は区間記録ペースの表示機能を追加
Google PlayストアでNexus 5 16GBブラックが欠品に、クリスマス・年末の買い込み需要で購入者殺到?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP