ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel、ARMに対抗すべく‟Bay Trail-D”を組み込んだAndroidベースのスマートディスプレイを2014年に投入へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intelが同社の‟Bay Trail-D”プロセッサを組み込んだAndroidベースのスマートディスプレイを2014年中にも発売する計画だと、台湾DigiTimesが報じています。近年はARMプロセッサの性能向上と普及によって、ARMがIntelの牙城とも言えるデスクトップ市場を侵食し始めています。Intelはそれに対抗する取り組みとして、‟Bay Trail-D”のスマートディスプレイプラットフォームを作成していると伝えられています。スマートディスプレイの定義が制定されているわけではありませんが、今は、PC兼タッチパネル搭載の外部モニタ、あるいは外部モニタであるものの、それ自体がOSを内蔵しており単体でPCとして機能する製品がスマートディスプレイと呼ばれています。この手の製品はAcerやViewSonicといったPC/モニタメーカーより発売されています。DigiTimesによると、Intelは価格帯別に3種類の製品を送り出そうとしているそうです。1つ目は$249~299のセグメント向けに18インチ・Celeron J1800・1GB RAMを搭載した機種。2つ目は$299~349のセグメント向けに18~21インチ・Pentium J1900を搭載した機種。3つ目は$349以上のセグメント向けに21インチ以上・Pentium J2900を搭載したモデル。Source : DigiTimes



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCが台湾でLTE対応スマートフォン「HTC One 4G LTE」を発売
日テレ、第90回箱根駅伝のスマートフォン・タブレット用速報WEBアプリを2014年1月2日7時に提供開始、今回は区間記録ペースの表示機能を追加
Google PlayストアでNexus 5 16GBブラックが欠品に、クリスマス・年末の買い込み需要で購入者殺到?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP