ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

THE BAWDIES、初カヴァー集『GOING BACK HOME』発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

2014年1月1日をもって結成10周年を迎えるTHE BAWDIESが、初のカヴァー・アルバム『GOING BACK HOME』を3月5日にリリースすることがあきらかとなった。 

本作は、現代に生きる日本人の若者ならではの解釈でロックンロールを鳴らしてきた彼らが、影響を受けたルーツ・ミュージックの楽曲をバンド独自の感性でアレンジしたカヴァー集。さまざまなアーティストにカヴァーされているサム・クックの名曲“Bring It On Home To Me”をはじめ、レイ・チャールズ、ハウリン・ウルフ、スペンサー・デイヴィス・グループ、シュープリームス、サム・アンド・デイヴのナンバーなど計12曲がピックアップされている。ROY(ヴォーカル/ベース)は、「ロックンロールっていう、こんなに素晴らしい音楽が地球上には存在する」と語っており、THE BAWDIESの並々ならぬ音楽への愛情が感じられる作品となりそうだ。トラックリストは下記の通り。

パッケージは、CDのみの通常盤とDVD付きの初回限定盤、アナログ盤の計3タイプで登場。初回盤の詳細については後日発表されるので、続報に注目しておこう。

★THE BAWDIESの出演が決定した〈PUNKSPRING 2014〉についてのニュースはこちらから

 

〈THE BAWDIES 『GOING BACK HOME』収録曲〉
1. Shake A Tail Feather (Original by THE FIVE DU-TONES / 1963)
2. What’D I Say (Original by RAY CHARLES / 1959)
3. Good Lovin’ (Original by LIMMIE SNELL / 1965)
4. Daddy Rolling Stone (Original by OTIS BLACKWELL / 1953)
5. Spoonful (Original by HOWLIN’ WOLF / 1960)
6. Dancing To The Beat (Original by CLARENCE MURRAY / 1969)
7. The New Breed (Original by JIMMY HOLIDAY / 1965)
8. I Got A Woman (Original by RAY CHARLES / 1954)
9. Somebody Help Me (Original by THE SPENCER DAVIS GROUP / 1966)
10. Back In My Arms Again (Original by THE SUPREMES / 1965)
11. Soul Man (Original by SAM AND DAVE / 1967)
12. Bring It On Home To Me (Original by SAM COOKE / 1962)
※()内はオリジナル・アーティスト、発表年

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP