ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

360度全天球撮影するデジカメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

思い出を記録するもっともお手軽な手段といえば、写真撮影。シャッターを押すだけで、簡単にその場の情景を切り取ることがでる手軽さは、文章や絵画にはありません。

【画像や図表を見る】

そこに欠点があるとすれば、1枚の写真で切り取れる枠に限界があるという点でしょうか。雄大な景色や、楽しかったパーティーなど、その場で目にしたものをまるごと記録しておきたいのに、後から写真で見ると「あれ、こんなにショボかったっけ?」ということが往々にして起きるのです。

その問題をクリアしてくれるかもしれないのが、リコーの360度全天球デジカメ『THETA(シータ)』です。スティック状のTHETAを、天に掲げてシャッターを切れば、なんと本体を取り巻くすべての方向の風景を撮影することができるのです。

これまでデジカメやスマホのカメラにも、パノラマ写真を撮影する機能がありましたが、あれらは向きを変えて順々にシャッターを切っていった複数の写真を後から合成するというもの。それに対し、THETAはワンシャッターで裏表2つのレンズを通して撮影して合成するので、動いているものがズレたりすることもありません。

360度ですから、自分の目の前の風景はもちろんのこと、側面、背面、そしてTHETAを持つ自分自身まで、シャッターひとつで、その場の空気をまるごと切り取ることができるのです。ただその特性上、撮影者が映り込むのを避けられないため、どうしても自分が写りたくないという場合は、三脚に固定し、物陰に隠れてからスマホアプリでシャッターを切るという手間が必要になります。

撮影された360度写真は専用のスマホアプリで、グリグリと見たい方向に動かして閲覧することができます。また、THATAの公式サイトにアップすれば、アプリを持っていない人にも同じように360度写真を楽しんでもらうことができます。

これまでのカメラの常識を覆す、360度撮影ができる新ジャンルのデジカメ。まずは世界中のユーザーが公開している写真を「THETA360.com」のギャラリーで楽しんでみてはいかがでしょうか。
(熊山 准)
(R25編集部)

360度全天球撮影するデジカメはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
『思わず欲しくなるグッズ!』一覧
発電機内蔵、組み立て式のデジカメ
カメラ好きも満足する男のチェキ
夜景、動画も綺麗に撮れるミニ三脚
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP