ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスマスや正月に撮影した写真とAndroidアプリ「正月フレーム」を使ってクリスマス・ニューイヤーカードを作成してみてはいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今度のクリスマスや正月は、友人と撮った写真やイベントに参加したときに撮った写真と「正月フレーム(NewYearCollage)」アプリを使ってクリスマス・ニューイヤーカードを作成してみてはいかがでしょうか。この記事で紹介する画像コラージュアプリ「正月フレーム」を使うと、複数の写真を1枚の画像に収めることができるので、写真を1枚ずつ送り付けなくても済みます。正月フレームは、クリスマスや正月用のフレームテンプレートを使って上図のようなコラージュ画像を作成できるアプリです。アプリの開発者は海外の方みたいなので、日本のクリスマスや正月をイメージさせるフレームはあまり用意されていませんが、上図のような画像を作成するには実に有用だと思います。テンプレートのデザインを考えるとクリスマスや正月以外でも使えそうです。アプリの使い方は簡単です。アプリを起動し、テンプレート一覧から好きなフレームを選びます。緑の部分に写真が配置される仕組みです。白い線で区切られた部分に写真は表示されません。編集画面で緑の部分をダブルタップすると写真の選択画面が表示されるので、カメラかギャラリーボタンをタップして写真を撮影、またはギャラリーから写真を選びます。画面右上のチェックマークをタップすると共有メニューが表示されるので、他のアプリを使って出来上がった画像を共有します。フレームによっては空白部分が広くとられており、その部分にメッセージを入れれば立派なポストカードになります(ペン入力対応端末だとそれは楽にできると思います)。ただ、このアプリにプロジェクト機能はないので、アプリを完全に停止するかテンプレート画面に戻った場合、画像の並びがクリアされてしまいます。ちなみに、出力される画像のサイズは760×760ピクセル固定です。正月フレーム」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
中国Gionee、回転式カメラと8コアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「Gionee ELIFE E7 mini」を発表
NTTドコモ、初の法人向けスマートフォン「ビジネススマートフォン F-04F」を2014年1月6日に発売
Intel、ARMに対抗すべく‟Bay Trail-D”を組み込んだAndroidベースのスマートディスプレイを2014年に投入へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP