ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コブクロ、SMAP、東方神起がトップ! 今週のタワレコ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

タワーレコード全店の12月16日~12月22日集計の週間チャートを発表します!

〈アルバム〉
1. コブクロ 『One Song From Two Hearts』
2. CODE-V 『代々木』
3. EXO 『Miracles In December』
4. RADWIMPS 『Xと○と罪と』
5. 『映画 カノジョは嘘を愛しすぎてる -MUSIC BOX-』
6位以下などの詳細はこちらから

〈シングル〉
1. SMAP 『シャレオツ/ハロー』
2. UVERworld “ナノ・セカンド”
3. U-KISS 『FALL IN LOVE/SHAPE OF YOUR HEART』
4. スマイレージ 『ええか!?/「良い奴」』
5. BEAST 『Sad Movie/クリスマスキャロルの頃には』
6位以下などの詳細はこちらから

〈DVD〉
1. 東方神起 「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~ FINAL in NISSAN STADIUM」
2. Mr.Children 「Mr.Children [(an imitation) blood orange]Tour」
3. コブクロ 「KOBUKURO LIVE TOUR 2013 “One Song From Two Hearts” FINAL at 京セラドーム大阪」
4. AKB48 「AKB48 2013 真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~ スペシャルBOX」
5. 「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」
6位以下などの詳細はこちらから

 

アルバム・チャートは、コブクロによる4年4か月ぶりのオリジナル作『One Song From Two Hearts』が首位を獲得。今年で8回目の出場となる「NHK紅白歌合戦」でも披露される同局のソチオリンピック/パラリンピック放送テーマ・ソング“今、咲き誇る花たちよ”などを収録した作品です。さらに、日本での活動の集大成とも言えるCODE-Vのセカンド・アルバムや、亀田誠治がプロデュースした映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の音楽集なども初登場。EXOの『Miracles In December』とRADWIMPSの『Xと○と罪と』は2週連続でトップ5入りを果たしています。

シングル・チャートを制したのは、メンバーの草なぎ剛の主演ドラマ「独身貴族」の主題歌と、クリープハイプの尾崎世界観が書き下ろした〈ハローキティ〉40周年記念オフィシャル・ソングを両A面で収めたSMAPの『シャレオツ/ハロー』。同じく両A面盤であるU-KISS、BEAST、スマイレージの新作が人気を集めるなか、直訳すると〈10億分の1秒〉という意味を持つUVERworldの新曲“ナノ・セカンド”が2位にランクインしました。

東方神起が今年8月に実施した海外アーティスト初の神奈川・日産スタジアム単独公演を追体験できる作品が1位に輝いたDVDチャート。2位以下も、バンド史上初となるイリュージョンを盛り込んだステージが楽しめるMr.Childrenの〈[(an imitation) blood orange]Tour〉、アルバムも好調なコブクロの初ドーム公演を映像化したアイテム、AKB48の5大ドーム・ツアーの映像集と、人気アーティストのライヴ作品が並び、5位にはアニメ映画「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」のパッケージが食い込みました。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP