ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紀伊国屋書店・楽天・ソニー他13社の連合 書店での電子書籍販売「ジャパゾン」が話題に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

12月22日、『朝日新聞デジタル』に下記のニュースが掲載された。

『書店で電子書籍販売へ 来春から13社、アマゾンに対抗』

紀伊国屋書店など国内の書店や楽天、ソニーなどの電子書店、日販、トーハンなど取次業者の計13社が、書店での電子書籍販売に乗り出す。書店だけで買える人気作家の電子書籍を用意する構想もあり、業界で一人勝ちを続けるアマゾンに対抗できる連合体「ジャパゾン」を目指す。

13社で“電子書籍販売推進コンソーシアム”を設立し、書店の店頭に作品カードを置いて店頭で決済。カードに書いてある番号をもとに電子書籍をダウンロードする仕組み。端末は現在楽天やソニーでバラバラだが将来的に「『端末の共通システム化』を目指していく構想もある」とのこと。

「ジャパゾン」なる名称がその13社の側から出たのか、それとも朝日新聞デジタルの記者が名づけたものかは不明だが、ユーザーにとって得するところをみつけるのが難しいシステムとあって、さんざんな評価を受けているようである。

ネット上には
「コケる予感しかしない」
「書店に行ってカードを買って、数字入力してダウンロードって超めんどくさい」
「自宅でダウンロード購入できるという電子書籍の長所をわざわざつぶしている」
といった声が。また、記事中には

「書店だけで買える人気作家の電子書籍を用意する構想もあり」

とあるのだが、「不便かつユーザー無視の構想だ」と批判されている模様。

電子書籍においてはAmazonの『Kindle』がシェアを伸ばしており、新しく出た『Kindle Paperwhite 』の3Gモデルなどは現在入荷が1~2か月待ちという人気のようだ。それを追う楽天の『kobo』などが、この『ジャパゾン』で巻き返せるのかどうか。甚だ疑問に思えるところである。

※画像は『Amazon』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP