ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Canonical、Android & Ubuntuのデュアルブートに対応したUbuntu Touchプレビュー版を提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Canonicalは12月23日、AndroidとUbuntu Touch(Ubuntu for Phones)のデュアルブートに対応したAnorid端末向けのUbuntu Touchプレビュー版の提供を発表しました。PCの世界では昔から広く利用されているOSのデュアルブート構成を既存のAndroid端末で実現するのが今回発表されたことです。Canonicalによると、同社が公開した手順を踏むことで、Nexusデバイスの第2のOSとして、Ubuntu Touchが導入されます。デュアルブート端末でOSを切り替える場合は、ブートローダーでOSを選択する操作が主流だと思いますが、CanonicalはAndroidとUbuntu Touchの双方にOS切替アプリを提供しており、容易にOSを切り替えられるようにしています。現在デュアルブート対応のUbuntu Touchは、Nexusデバイス用が配布されています。Android 4.2以上の公式ROM/AOSP版ROM/CyanogenModベースのROMを搭載したroot化済みのNexus上で、Canonicalが公開したインストール用シェルスクリプトを実行すると、Ubuntu Touchがデュアルブート可能な状態でインストールされます。インストール作業が煩雑で、Androidの初期化も行わなければなりません。また、Ubuntu Touchのインストールの過程でリカバリイメージがCanonical提供のものに書き換えられることから、この方法は今のところ開発者向けとされています。Source : Canonical



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenModスマートフォン第1弾「OPPO N1 CyanogenMod Edition」がOPPO STYLEで販売開始
HTC One maxゴールドバージョンが台湾で発売
3世代目「Nexus 7」はASUS製、Intel Atomを搭載したモデルも発売されるという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP