ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニコニコ大会議全国ツアーin東京 1日目が終わったぞ!(前編)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
司会

昨年の11月から始まり日本の各所で行われたニコニコ大会議全国ツアーがついにファイナルを迎えようとしている。ファイナルの場所はニコニコ大会議のメッカでもあるJCBホールで行われた。そう最後は東京が会場だ。そんなわけでガジェット通信がほかのメディアではお見せできない裏側まで取材してきたので是非ご覧頂きたい。今回のレポートは前半と後半に分けてお届けするぞ。

001 002

JCBホール前には開場4時間前から列が出来ており『ニコラー(ニコニコ動画ユーザー)』で埋め尽くされていた。中には抽選に漏れた人が入り口付近で『ニコニコ生放送』を行う場面にも遭遇。抽選に当たったユーザーのみが入場出来るという非常に貴重な大会議なのだ。本日、明日の二日間はツアーファイナルということで、恒例の『ニコニコ動画』サービスについて夏野氏、ひろゆきより語られた。と、その前にひろゆきがフォーマルな格好で登場。そしてサンダル以外の履き物をはいている! これにはガジェット通信編集部もビックリだ。夏野氏にいたっては酒で喉がやられて声が出ないという状態。進行役なのにこの先不安になるのだが……。

img_8034 img_8035 img_8037 img_8051

■ニコニコ遊園地
『ニコニコ遊園地』はニコニコ生放送をしながらゲームを遊べるというコンテンツだ。さらに生主(配信者)とゲームをすることができる。本日は麻雀でデモンストレーションが行われた。しかし会場のみんなは麻雀に関心が無いようで、冷めた空気になってしまったのだが……。これ面白いよ! たぶん。

img_8054 img_8057 img_8058 img_8065

■ニコニコ・アプリ
次に発表されたのが『ニコニコ・アプリ』だ。こちらはアプリを開発してみんなでニコニコを面白くしていこうというサービスだ。アプリの開発も比較的簡単に行えるようになる予定。しかしリリースはまだまだ先のようだ。スクリーンに映し出されたロードマップを見ても開発段階は30%未満といったところだっただろうか。しかしながらデモンストレーションは実際に行われ『ニコニコ動画』の動画に落書きできるアプリが公開された。実際にマウスやタブレットで落書きされたものがほかの人と共有されるというものだ。しかしそれを見ていたニコラーの反応はいまいちなようで「余計なものつけるな」「荒れるだけだろ」「やめろ」と言ったコメントが付けられていた。まあ確かに荒れる要素にはなるかもしれない。プレミアユーザー限定の機能なのかどうかも現時点は不明なので、今後の詳しいリリース情報をお待ち頂きたい。

img_8014

そのほかにも客席にベジータの物まねをする芸人『R藤本』が座っており司会者にいじられる一幕もあった。その際に「何か物まねをしてください」と言われとっさに行った物まねが、ジャムおじさん。ということはマスオさんもできるのか? とっさの割にはなかなか上手に出来ていた。生放送を観れなかった方は動画をご覧頂きたい。

ちなみに発表されたニコニコ動画のID登録者数は以下の通り。
ニコニコ動画ID登録者数 …… 1583万人
ニコニコ動画モバイルIDモバイル …… 476万人
プレミアム会員数 …… 68万人

img_7990 img_7991

そんなわけでニコニコ大会議ツアーin東京の前半のレポートはここまで。後半はさらに内容の濃いレポートをお届けする。後半では『生うたオーディションファイナル』の模様を中心にお届けするぞ。さらに凄いものも……。

プレミアムユーザー会員なら生放送の内容をタイムシフト機能で閲覧することが出来るぞ(2010年2月26日まで)。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv10829077

ニコニコ大会議ツアーin東京1日目(前半) – 動画

■最近の注目記事
ニコニコ大会議全国ツアーin東京 長かった生うたオーディションついにファイナル(後編)
バレンタインデーのお返しは30倍返しは当たり前! さらに『マイチョコ』まで
33歳独身の日本人女性がマクドナルド依存症に苦悩する毎日
『Bad Apple!!』影絵アニメーションを囲碁で再現した凄い動画! 謎の努力か?
またか! 『クイズマジックアカデミーDS ~二つの時空石~』の学校名がカオス

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。