ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileの2014年Xperiaスマートフォン・タブレット用型番「SGP521」「D2005」「D2105」が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの2014年Xperiaスマートフォン・タブレットとみられる「SGP521」、「D2005」、「D2105」の3モデルの型番がインドネシアの認証機関で公開されているデータベースに登録されました。「SGP」で始まる型番はXperia Tabletシリーズで採用されています。最新のXperia Tablet Zには「SGP3XX」が割り当てられているので、「SGP521」は新機種の可能性があります。未発表のタブレットは「SGP521」のほかに「SGP421」も確認されているので、少なくとも2機種のタブレットが開発されていることになります。「D2005」と「D2105」は今年の型番規則からするとエントリーモデルです。Sony Mobileは2014年用のエントリーモデルとして「Xperia E2」を開発していると噂されています。また、D2XXXの型番が割り当てられそうな機種として6インチHD解像度・MediaTekのSoCを搭載した‟Tianchi”の噂もあります。Source : POSTEL



(juggly.cn)記事関連リンク
HPが2014年中にも6インチ~7インチクラスのAndroidスマートフォンで携帯市場への再参入を計画しているとの報道
Xperia Z1とXperia Z UltraのPTCRB認証に新バージョンのファームウェア「14.2.A.1.114」が追加
Canonical、Android & Ubuntuのデュアルブートに対応したUbuntu Touchプレビュー版を提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP