ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4K動画の撮影も可能なAcer Liquid S2が台湾で12月25日に発売、価格は17,900台湾ドル(約62,000円)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年9月のIFA 2013で発表されたAcerのLiquidシリーズ最上位モデル「Liquid S2」が台湾で発表されました。発売予定日は12月25日とのことです。Liquid S2(S520)は、6インチ1,920✗1,080ピクセルのIPS液晶とSnapdragon 800 MSM8x74 2.26GHzクアッドコアプロセッサを搭載した大画面スマートフォン(またはファブレット)。ここ1,2年のLiquidシリーズはエントリーモデルが中心でしたが、久しぶりにハイエンドモデルが投入されます。Liquid S2はドイツなどの欧州の一部の国では既に販売されていますが、アジア圏で販売されるのは台湾が最初だと思います。現地での定価は17,900台湾ドル(約62,000円)とのことです。Liquid S2の特徴はカメラ機能だと思います。背面に1,300万画素の裏面照射型CMOSを搭載しており、最大4K(3840×2160ピクセル)の動画を撮影できるほか、1080p@60fpsの動画、最大2,700万画素のパノラマ写真、最大4倍のスローモーション動画も撮影可能です。また、ロック解除と同時に写真を撮影できる「Quick First Shot」、シーンに適した撮影モードで写真撮影を行なう「Smart Best Shot」、フラッシュの有無/撮影モード/シーン/エフェクトの組み合わせで写真撮影用のプロファイルを最大5つまで作成できる「Favorite Mode」など、様々なカメラ機能が盛り込まれています。OSはAndroid 4.2.2で「Acer Float UI」と呼ばれる独自UIも搭載しています。7.1chのバーチャルサラウンドを体験できるDolby Digital Plusにも対応。RAM容量は2GB。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、GSM/WCDMA/LTEに対応しています。バッテリー容量は3,300mAh。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、GPS/GLONASS、NFC、GSM/WCDMAに対応。本体サイズは166 x 86 x 8.99mmです。Source : ettoday



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技のカスタムROM「MIUI」のユーザー数が3,000万を突破
NTTドコモ、「Optimus G Pro L-04E」のソフトウェアアップデートを開始、アプリ更新時の問題に対処
ScreenshotCleaner:スクリーンショットに写ったステータスバーとナビゲーションバーを非表示にして見た目を綺麗にする画像編集アプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP