ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Opera Software、クラウドサーバでのデータ圧縮でインストール済みアプリのデータ通信量を抑制するAndroidアプリ「Opera Max」を開発、米国ユーザーを対象にベータテストプログラムを実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

WEBブラウザを提供いているOpera Softwareが、Android端末全体のデータ通信量を抑制することを目的としたAndroidアプリ「Opera Max」を開発していると発表し、そのベータテストプログラムを米国ユーザーを対象に開始しました。Opera Maxはブラウザアプリではありません。どういうものかというと、Operaブラウザの特徴的なデータ圧縮機能「オフロードモード」をAndroidシステムに拡張したようなアプリで、インストール済みアプリのデータ通信量を抑制してくれます。上限付きのデータプランを利用している方にとっては通信量を減らすことが可能になるほか、データは圧縮されるので、低速な回線でも表示速度の向上を見込めます。具体的には、Opera Maxで機能を有効にしてアプリを利用すると、HTTPによるリクエストがOperaの保有するクラウドサーバに送信され、Operaのサーバでテキスト、画像、動画データが圧縮され、ユーザーの端末に送信されます。Opera MaxでサポートするのはHTTPリクエストのみで、HTTPSなど暗号通信や他のプロトコルの通信は対象外となっています。また、Operaはユーザー端末のデータ量を計測するためにOpera MaxでVPNを張ります。Opera Maxの対応機種はAndroid 4.0以上を搭載した端末。ベータテストプログラムへの登録方法は、まず、アプリのGoogle+コミュニティに参加し、アプリのベータテストプログラム登録ページで「テスターになる」をクリック。後は、Opera Maxのアプリページからアプリ本体をインストールします。Source : Opera Software



(juggly.cn)記事関連リンク
ScreenshotCleaner:スクリーンショットに写ったステータスバーとナビゲーションバーを非表示にして見た目を綺麗にする画像編集アプリ
Samsung HomeSyncの対応機種が拡大、他社端末でも利用可能に
Sony Mobile、内蔵ストレージとクラウドストレージのメディアファイルを1箇所で管理できる新アプリ「My Cloud」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP