ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4版LG G2の標準ホームアプリ「LG Home(v4.3.11)」が他のKitKat端末に移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4ベースのLG G2に導入される予定のLG製ホームアプリ「LG Home(v4.3.11)」が他のKitKat端末に移植されました。今回の移植劇は、先日流出した韓国版LG G2用のAndorid 4.4ファームウェアに含まれていた新バージョンのLG Homoe(v4.3.11)を用いたものです。今のところ、標準のAndroid 4.4.2とAndroid 4.4.2ベースのカスタムROM「OMNI ROM」では使用できるとされています。CyanogenModにインストールすると強制終了となってしまうため、CMユーザーの方はホームアプリの選択の際に「常時」にしないことをお勧めします。Android 4.4版LG G2の標準ホームアプリとなる「LG Home(v4.3.11)」では、透過型のステータスバーとナビゲーションバーをサポート、ホーム画面・ドロワーのグリッド数は5×6、ドックには合計8個のアプリを追加できます。LG Homeを利用することでシステムアプリのアイコンはLGブランドに切り替わります。LG Home(v4.3.11)の導入方法は、XDA Developersで配布されている「LG G2 Kitkat Launcher-Ported-Jishnu.zip」をリカバリモードよりインストールするだけです。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileの2014年Xperiaスマートフォン・タブレット用型番「SGP521」「D2005」「D2105」が判明
Nokiaが2014年Q3中にも‟Nokia Kinetic”と‟Nokia Morph”技術を採用したスマートウォッチを発売するという噂
4K動画の撮影も可能なAcer Liquid S2が台湾で12月25日に発売、価格は17,900台湾ドル(約62,000円)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP