ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐と全国の小学生が“ふるさと”でコラボ! 「第64回NHK紅白歌合戦」の特別企画決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

12月31日にNHK総合およびラジオ第1で放送される音楽番組「第64回NHK紅白歌合戦」で、白組の司会を務める嵐の5人をプレゼンターとする特別企画〈歌がここにある ~ニッポンの嵐「ふるさと」~〉が行われることが決定した。

この企画では、2010年の〈紅白〉で生まれた企画曲であり、今年の〈第80回NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)〉にて〈小学校の部〉の課題曲に選ばれた“ふるさと”をフィーチャー。まず、嵐のメンバーが今回初めて〈Nコン〉に参加した沖縄・南大東小学校を訪れて“ふるさと”を歌った子どもたちと触れ合い、彼らの案内で島内を巡りながら“ふるさと”という歌への思いや島の魅力について語り合った様子がVTRで紹介され、メンバーそれぞれが感じたことを語る。さらに、〈Nコン〉宛てに送られてきた全国の小学生が“ふるさと”を歌っている動画と嵐がコラボレートするスペシャル・ステージが披露される予定だ。番組の放送は19:15から23:45までとなっているので、嵐ファンはお観逃しなく!

★12月26日放送の「LIFE! 紅白歌合戦 大集合スペシャル」に嵐・大野智と綾瀬はるかが出演することについてのニュースはこちらから
★紅組司会の綾瀬はるかが出場歌手と“花は咲く”合唱する「第64回NHK紅白歌合戦」の特別企画についてのニュースはこちらから
★「第64回NHK紅白歌合戦」の出演者/曲目についてのニュースはこちらから
★「第64回NHK紅白歌合戦」のPR大使に能年玲奈が決定したニュースはこちらから

 

嵐からのメッセージ(代表・松本潤)

今回僕らは東京から約1400km 離れた、南大東島の小学生に出会いました。
東京から遠く離れた島の子供達のもとにも、僕たちが歌う“ふるさと”という曲がしっかりと届いていることに改めて感動しました。
南大東島の子供達と触れ合うことで、普段の生活では忘れがちな、ふるさとの大切さ、あたたかさを思い出した気がします。
今年の紅白のステージでは、“ふるさと”を歌ってくださった全国の皆さんと一緒にスペシャルステージをやらせて頂けるので、今からとても楽しみにしています!
是非、ご自身のふるさとを感じながらご覧下さい。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。