ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスマスイブは12月の他の日より「13倍」ケーキが売れる日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月、家庭で購入する食品はなにが多いのか。調べると典型的な日本人の消費行動がわかった。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏がリポートする。

 * * *
 クリスマスシーズンになると、スーパー、百貨店、小売店店頭にはクリスマスケーキやチキンが山と積まれる。もっとも、そうしたクリスマスから年末にかけてのイメージは、家計支出の実態とは少し異なる。

 総務省の家計調査には、「品目分類による日別支出」という項目がある。食料品ではスイーツでケーキ、カステラなど十数項目、食肉も牛、豚、鶏など細分化された支出額平均が1年間365日分、1日ずつ算出されている。

 例えば昨年(平成24年)の12月の調査結果(二人以上の世帯)を見てみると、ケーキ、チキンというこの時期の食べ物にまつわる支出でも、微妙にタイミングが異なっている。

 例えばケーキの売上はクリスマス・イブに集中する。12月の一世帯あたりのケーキに対する支出平均額は1375円。その約三分の一に相当する414.97円が24日に支出されている。この日を除外した同月の1日平均の支出額は32円。つまり12月でもイブは特別で、他の日の約13倍、ケーキが売れる日ということになる。

 ちなみに前日の23日は139.71円、翌日の25日は96.42円と、1か月のケーキに対する支出のうち、約半分がクリスマス時期に集中しているのも、12月のケーキの売れ方の特徴といえよう。

 もう一方のチキン。こちらの売れ方はケーキとは微妙に異なる。月の支出額としては、ケーキとほぼ同額の1388円。一日平均約45円となる。クリスマスシーズンの鶏肉への支出を見ると23日に60.32円、24日62.5円、25日39.1円とそれほど突出していない。

 月単位で見ても、鶏肉よりもむしろ牛肉のほうが伸び率は大きい。牛肉は前月の1406円から2517円と8割近く支出が増えているのに対し、鶏肉は前月の1070円に対して、1388円と約3割の伸びにとどまっている。

 12月、とりわけクリスマスと言えばチキン!というのは、家計においてはイメージに過ぎず、実は12月は牛!と言ったほうが家計の実態にそぐうのだ。

 そして実は12月の肉への支出は、クリスマスよりもむしろ “年越し”に集中する。鶏肉は29日に75.54円、30日に101.82円、31日に88.07円と、支出はふだんの約5割増しに。牛肉に至ってはこの月の平均支出が約81円なので、29日174.35円(約2.1倍)、30日300.62円(約3.7倍)、31日390.8円(約4.8倍)となっている。

 ふだん買わないケーキをクリスマス・イブには買い、鶏肉は30日に買って雑煮などの用意をする。そして正月用のすき焼きやローストビーフ用の牛肉は大晦日に購入。これが12月における日本人としての消費行動の “正解”のようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佐々木希 クリスマスに着けたい下着は「赤、かな……」(恥)
たわわなバスト“無国籍”9頭身美女 サンタコスプレで美脚披露
4~4.6万円松田聖子ディナーショー完売間違いないと関係者

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP