ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イライラ棒:炎チャレの看板ゲーム「電流イライラ棒」を再現したAndroidゲーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1990年代後半の人気バラエティー番組「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー」の看板的なゲームだったあの『電流イライラ棒』がAndroidゲームになりました。電流イライラ棒は、金属のフレームで作られたコースに電極棒を通し、フレームに接触しないようにゴールを通過すればクリアというゲームです。コースとなる金属フレームの形状やフレーム間の幅によって神経の集中が必要となり、注意してても接触してしまうというもどかしさがプレイヤー・視聴者をゲームに熱中させていました。

今回紹介する「イライラ棒」アプリは、電流イライラ棒を再現したゲームです。横スクロールのゲーム画面に現れる電極棒となる顔アイコンをフレームに接触しないようタッチ操作で動かしていきます。コースによってはタッチ操作で画面のフレームが手で隠れたりするので、そういう場合はスタイラスペンを使ってみてください。「イライラ棒」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.3にアップデートされたXperia Tablet Zのスクリーンショットが公開
英国の新興スマートフォンメーカー「Kazam」のAndroidスマートフォン第1弾「Kazam Trooper X4.5」が英国で発売
Samsungの折りたたみ式2画面スマートフォン「Galaxy Golden(GT-I9235)」が香港で発売開始、価格は6,398香港ドル(約85,000円)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。