ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG G2の小型版?Android 4.4を搭載した「LG-D410」がGFX Benchmarkの公式サイトで見つかる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近Bluetooth SIGの認証を取得したことで存在が判明した「LG-D410」がGFX Benchmarkの公式サイトに登場しました。GFX Benchmarkの公式サイトによると、「LG-D410」はAndroid 4.4(KitKat)、960×540ピクセルのディスプレイ、MSM8226 300~1190MHz(Adreno 305)クアッドコアプロセッサを搭載したエントリー~ミッドレンジクラスのスマートフォンです。Fingerprint情報「lge/w7ds_global_com/w7ds:4.4/KRT16S/1387321241:userdebug/test-keys」から、「w7ds」がコードネームとなります。「ds」はデュアルSIMを表すので、「LG-D410」はデュアルSIMスマートフォンと考えられます。「LG-D40X」の規則を採用した端末は今回の「LG-D410」のほか、「LG-D415」も存在します。LGは最新フラッグシップスマートフォン「LG G2」の小型版を開発していると噂されています。「LG-D410」は、解像度が低いこともあり比較的小さな端末とも考えられるので、LG G2の小型版として開発されている可能性もあります。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
東芝、2つのCMOSセンサーを内蔵し、撮影後でもピントの合わせ直しが可能なスマートフォン・タブレット用カメラモジュールを開発
Xperia Z1f SO-02Fのレビュー:Xperia Z1(C6803)と筐体デザイン、サイズ感、ディスプレイの色合い・文字の見え方を比較
Android 4.3にアップデートされたXperia Tablet Zのスクリーンショットが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP