ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年上場組 大企業を辞めてベンチャー起業した若手が多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年はこれまで激減していたIPO(新規上場)が、54件にまで急回復した。IPO長者も続々誕生している。2013年上場組の中には、大企業を辞めてベンチャーを起こした若手経営者も多い。

 3月に東証マザーズに上場した野菜ネット販売の「オイシックス」。高島宏平社長(40)はコンサルティング会社「マッキンゼー」の出身で、2000年に同社を立ち上げ、安心安全、おいしさを前面に押し出して7万5000人の定期宅配会員を有するまでに成長させた。

「フォトクリエイト」の白砂晃社長(39)は、NTTからネット広告代理店を経て、2002年に同社を創業。主力事業は、契約カメラマンを各地のアマチュアスポーツ大会に派遣して、写真をネット販売すること。幼稚園や学校でイベントがあると、撮影した写真を壁に貼り出し、保護者がそのなかから選ぶという従来のやり方を、ネットを使って効率化した。

 7月10日に東証マザーズに上場した時には、買い注文が殺到し、公募価格の2.3倍に当たる3845円の気配値のまま売買が成立しなかったほど、市場の期待は大きい。

 そして、2013年の上場企業のなかで最年少社長となったのが、住宅や求人、結婚などの情報をまとめて検索できるインターネットサイト「EXサイト」を運営する「じげん」の平尾丈社長(31)だ。

 慶応大学在学中にアイス屋やゴミ収集、飲食店のクーポンなど、さまざまな事業に挑戦し、「1万人に会う」を目標にしていたという。卒業後はリクルートに就職し、その3年後には関連会社の社長に就任した。そんな平尾氏が上場によって築いた資産は、なんと642億円にも上る。最年少でありながら、2013年IPO長者のなかでも最高額である。投資情報サイト『東京IPO』西堀敬編集長がいう。

「彼らは一度就職して力をつけてから、あえてベンチャーでリスクをとった起業組。同期や先輩が見ているから、会社を潰したらカッコ悪いと思って頑張れる。その他大勢のベンチャー企業家の“失敗してもいいや”という考えとは根本的に違うから成功できた」

※週刊ポスト2014年1月1・10日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
サントリー HDではなく子会社を上場させる背景と狙いとは
24歳美人社長「仕事より楽しいことない」で合コンは不参加
ブラック企業勤務25歳女「コンプラって何?天ぷらの一種?」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP