ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、タッチ操作で本体色が変わるMoto Xのインタラクティブな雑誌広告を作成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorolaが誌面をタッチするとMoto Xのカラーリングを変更できる、‟世界初のインタラクティブな印刷広告”を作成しました。この広告はWIRED誌の2014年1月号の一部に収録されているもので、米国のニューヨークとシカゴで手に入れることができるそうです。1ページ全体を広告に使って誌面下のボタンをタッチすると、Moto Xのカラーリングがボタンの色に変わるという仕組み。広告をめくるとLEDや小規模な回路基盤が現れます。少し手の込んだ広告ですね。Moto Xの特徴は、「Moto Maker」でカラーリングや一部の仕様をユーザー自身でカスタマイズできるところにあります。WIREDの広告で試せるカラーリングは全体のごく一部なので、Motorolaは誌面でカラーを変更できる楽しみを体験させて読者をMoto Makerに導き、広告にはないカラーを再現させることで、その感動に浸った読者にMoto Xを購入させようという魂胆なのでしょう。Source : Mashable



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.3(14.2.A.0.290)ベースのXperia Z1に対応したカスタムカーネル「DooMKernel v04」がリリース
LG G2の小型版?Android 4.4を搭載した「LG-D410」がGFX Benchmarkの公式サイトで見つかる
イライラ棒:炎チャレの看板ゲーム「電流イライラ棒」を再現したAndroidゲーム

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP