ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マンデラ大統領追悼看板がインド南部に立てられる 使われていた写真が何故かモーガン・フリーマン 壁紙サイトも公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今月5日に95歳という大往生で亡くなったネルソン・マンデラ元大統領。初の黒人大統領としてノーベル平和賞も受賞した功績がある同氏。マンデラ氏を追悼しインド南部のタミル・ナードゥ州に死を悼む追悼看板が立てられている。その看板には、ガンジー、マザーテレサ、キング牧師の写真が飾られそして5日に亡くなったマンデラ氏の写真が大きく載っている。

しかしよく見てみると……この写真はマンデラ氏ではなく、俳優のモーガン・フリーマンなのである。確かに少し似ている両氏。何故モーガン・フリーマンの写真が?

何故写真掲載ミスを?

そんなわけで何故掲載ミスが起きたのか調べてみることにした。 Google画像検索で「マンデラ」「Mandela」と検索してみると上位にマンデラ氏と並んでモーガン・フリーマンが出てくる(Googleの設定や国設定により結果は異なる)。その中で最も見栄えの良い写真を使った結果モーガン・フリーマンの写真を選んでしまったのだろう。

またこの看板の元画像となる壁紙がネット上に公開されており、そちらもモーガン・フリーマンの写真が使われている。おそらく元となるこの壁紙を作成した人が、マンデラ氏とモーガン・フリーマンを間違えたのが原因だと思われる。
「マンデラ」や「Mandela」で検索するとモーガン・フリーマンの写真が出てくる原因としては映画『インビクタス』でモーガン・フリーマンがマンデラ役を演じていたのが原因だと思われる。

インドの紙幣にガンジーの肖像が使われていたように、マンデラの肖像が紙幣に使われる可能性は大きい。そのときはモーガン・フリーマンと間違えないでほしい。

マンデラ氏の追悼壁紙

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP