ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本通信の音声通話対応SIMが12月27日より「スマホ電話SIMフリーData」「携帯電話SIM」に切り替え可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本通信 b-mobileが12月27日正午から、音声通話に対応したSIMカードの利用サービスを「スマホ電話SIMフリーData」と「携帯電話SIM」に変更できるようにすると発表しました。「スマホ電話SIMフリーData」は、月額基本料1,560円で上下最大200kbpsのデータ通信を無料で利用できる新サービスです。通話料金は20円/30秒。追加で1,560円支払えば3GBまでは速度制限無しのデータ通信が利用できるオプション、ユーザーによって速度をアップできる「TurboCharge」も利用できます。データ通信は低速でもいいから安く運用したいという方にオススメのサービスです。「携帯電話SIM」は音声通話専用のサービスです(データ通信は不可)。このサービスでは、プランを3種類の中から選べ、上位プランになるにつれて通話料が下がります。全てのプランには無料通話分も含まれます。通話さえできればいいから安く済ませたいという方にオススメのサービスです。利用サービスの変更は、My b-mobileサイト(https://mypage.bmobile.ne.jp)で行えるようになります。Source : 日本通信



(juggly.cn)記事関連リンク
ドコモオンラインショップで「Xperia Z1f SO-02F」を購入すると、Xperiaロゴ付きのボールペンとノートが同梱されていた
LG G2のステータスバーアイコンの色はAndroid 4.4アップデートで白に変わる。韓国版LG G2用の公式ファームウェアが流出
PlayMemories Mobile v4.0.1でRX100M2のリモート撮影を利用できない問題が解消

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP