ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中古ガラケー「安くて電池持つ」と人気 買取求める人も急増

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いまや4人に1人がスマートフォンをもつ時代だが、機種変更するならやはりガラケー(ガラパゴス携帯=日本独特の二つ折りタイプなど)という人は少なくない。携帯ショップでは機種がないからと、中古携帯ショップへ足を延ばす人が増えている。

 建設会社で営業として働く30代男性は、慣れたガラケーを引き続き使うために中古ショップへと足を運んだ。

「一度、変更したいガラケーの機種がなかったのでスマホにしましたが本当に不便でした。フル充電しても一日もたないですし、何より電話しづらい。学生だったらLINEのメッセージだけで通話しない生活も成り立つのでしょうが、営業の人間にそれはできません。電池がなくなって、お客さんからの電話をとれなかったら大問題ですよ」

 中古携帯を買うのはガジェット好きなマニアが多いと思われがちだが、スマホから中古ガラケーへ移った彼は野暮ったさとは無縁のスマートな男性だ。彼のように、ガラケーを求めて中古を購入する人が増えている。

 中古携帯を専門に取り扱う株式会社アワーズは、今年6月に中古ガラケー専門店「ガラケー生活」をオープンさせた。これまではスマートフォンなどと一緒に同じ店舗で販売していたが、ガラケーへのニーズの高まりに合わせて特化型店舗を新設した。ガラケー生活店長木村さんは、専門店開店の反響はとても大きかったという。

「購入される方は30代~40代のサラリーマン世代が中心ですが、最近は女性も少なくありません。メールと電話さえできればよく、スマホよりボタン操作がしやすくて電池の持ちがよいからと購入されます。中古ガラケーには契約期間のしばりがなく、携帯本体代金が非常に安い。auだけはauショップで手続きしないとなりませんが、ドコモやソフトバンクはSIMカードを差し替えるだけで使えます。このような中古のメリットが広まり始めていますし、スマホに流されない一途なガラケー男子はもてますよ」

 スマートフォンの保有率は右肩上がりで、5年後には電話契約数の7割を超える予測がある。いまや携帯ショップに並ぶガラケーの種類は減る一方だ。機種変更でガラケーを選びたくても、シニア向けか子ども向けしか在庫がないと言われる。2013冬モデルで各キャリアから新機種が発売されたが、慣れた使い勝手の後継機種を望む声には応えきれていない。

 ところが、中古ガラケー専門店には、使用しなくなったユーザーが持ち込んだり、ひっそり眠っている在庫から探し出された新品同様の品物が並ぶ。家で眠っていた古い携帯を、買い取れないかと持ちこむ人も増えているそうだ。人気の機種であれば、使い込んだものでも数千円の値段がつくことがある。

「本体に記録されている個人情報はオールリセットすることを買い取り時に必ず確認しています。また、サイトに掲載されている写真は実際の商品を一台ずつ撮影してます。1か月ほど前にテレビ番組で中古ガラケーの買い取る様子や当店が紹介されて以来、ガラケーの買取は3ヶ月前に比べ5倍に増え、販売も3倍に伸びています。このように中古ガラケーのニーズは、今後も広がる一方だと思います」(前出・ガラケー生活店長木村)

 一部携帯キャリアからの抵抗が強く、SIMフリーがなかなか実現していない日本だが、中古品を利用することで実質的なSIMフリー時代に突入するのかもしれない。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ガラケー派=遅れた人」の風潮は携帯会社が作ったとの指摘
モバイル評論家「地方では圧倒的にガラケーが支持されてる」
ガラケー命男「オレは時代に流されない。この携帯と心中する」

NEWSポストセブン
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP