ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新垣結衣、小泉今日子らヒットドラマ出演女優 CM起用が増加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年は『半沢直樹』や『あまちゃん』など、好視聴率を記録したドラマが多数登場した。タレントにとっては、そうした数字が“ごほうび”となって現れるのがCMのギャラ。本誌が入手した某大手広告代理店作成の最新マル秘リストでも、人気ドラマに出演した女性芸能人のギャラに変化が生じている。広告代理店関係はこう語る。

「有村架純は番組放送中から話題になり、2013年だけで11社に起用されました。年間契約金額は低め(1000~1500万円)ですが、今後の活躍次第では倍増する可能性も秘めています。小泉今日子も人気復活でオファーが急増中(3000~3500万円)。一方、下落したのが橋本愛。朝ドラ出演中の男性スキャンダルの印象が悪く、2014年は10%ほど減額(500~800万円)すると見られます」

 他にも堺雅人主演で高視聴率を獲得した『リーガルハイ』の出演により新垣結衣が上昇(3000~3500万円)。視聴率では低迷したものの、大河ドラマ『八重の桜』に主演した綾瀬はるかは、好感度の高さで増額した(4000~4500万円)。

※週刊ポスト2014年1月1・10日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
タレントの人気低下でもギャラはなかなか下がらないテレビ界
菜々子、京香、仲間、あおいらNHKドラマ出演でギャラ高騰
「あっ、あ~」の有働アナ フリーなら高島彩より稼げるの声

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP