ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ROM焼き愛好家の定番アプリ「ROM Manager」がGoogle Playストアから削除される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ROM焼きを行うAndroidユーザーにとっては定番アプリとも言える「ROM Manager」がGoogle Playストアから削除されてしまいました。ROM Managerを提供しているKoushik Dutta氏が公開したGoogle Playサポートからの通知メールによると、アプリ削除の理由は、ROM ManagerがGoogle Playデベロッパープログラムポリシーに違反したことによるものとされています。具体的には、Google Playストアよりダウンロードされたアプリでアイテムなどの販売を行う場合は、Google Playのアプリ内課金機能を利用しなければならないという規約に引っかかってしまった模様です。ROM Managerはフリーミアムモデルを採用したよくあるアプリです。無料版は機能制限が設けられており、有料版にアップグレードするとその制限が排除されます。問題となったのは、おそらくライセンスの提供方法でしょう。Google Playストアで販売されている「ROM Manager Premium」はまだ残っているので問題ではないのでしょう。もう一つの決済オプションだったPayPalオプションがその原因になったとみられます。Dutta氏は削除後の予定について言及していませんが、ROM Managerの利用者は多いので、すぐにまた使えるようにしてくれると思います。Source : Google+(Koushik Dutta)、Google Playデベロッパープログラムポリシー



(juggly.cn)記事関連リンク
Google PlayミュージックのWEBサイトにブラウザから音楽ファイルをアップロードできる機能が追加される見込み、HTMLソースより判明
OPPOが厚さ7.1mmの薄型スマートフォン「OPPO R1(R829T)」を中国で発売
Sony Z Ultra Google Play EditionのシステムをXperia Z1に移植するプロジェクトが進行中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP