ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android / Firefox OS両対応のGeeksphone RevolutionはIntel Atomプロセッサを採用、2014年Q1中に発売される見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペインのスマートフォンメーカー Geeksphoneが11月に初めて口にした、Android・Firefox両対応のスマートフォン「Revolution」の主要スペック情報が判明しました。この情報は、同社が20日に明らかにしたことだと伝えられています。情報によると、プロセッサはIntel Atom Z2560 CloverTrail+ 1.6GHzデュアルコアを採用。ディスプレイは4.7インチ960×540ピクセルのIPS液晶で、リアカメラは800万画素(フラッシュ付き)、バッテリー容量は2,000mAhと伝えられています。これはAndroidの動作をターゲットにしたスペックですね。Firefox OSスマートフォンとしてはおそらく最上位の内容になります。RevolutionにおけるOSの提供方法はまだ明らかになっていませんが、AndroidとFirefox OS(B2G)のどちらをインストールしても保証は無効にならないそうです。Revolutionの発売時期は2014年Q1中とされています。Source : europapress



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungは「Galaxy Tab Pro 8.4」「Galaxy Tab Pro 10.1」「Galaxy Note Pro 12.2」を開発中?
Google PlayミュージックのWEBサイトにブラウザから音楽ファイルをアップロードできる機能が追加される見込み、HTMLソースより判明
OPPOが厚さ7.1mmの薄型スマートフォン「OPPO R1(R829T)」を中国で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP