ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技のMi3 WCDMA版の発売時期が12月末に変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

発売が待たれている中国 小米科技(Xiaomi)のXiomia Mi3 WCMDA版は、12月末に発売される予定となっているそうです。小米科技 CEOのLei Jun氏が同氏のWeiboページで最新の発売時期を公表していました。最新フラッグシップスマートフォンとなるMi3は、今年9月に発表され、Tegra 4を搭載したTD版が10月に発売されました。Mi3にはSnapdragon 800を搭載してWCDMAに対応させたモデルも存在し、小米科技は当初それを12月中旬に発売するとしていましたが、その時期が過ぎても発売されていません。Lei Jun氏の話が正しければ、まもなく発売日と販売方法が発表されると思います。WCDMA版は中国聯合モデルとして知られています。5インチ1,920✗1,080ピクセル(441ppi)のIPS液晶、Snapdragon 800 MSM8974ABプロセッサ、2GB RAM(LPDDR3)、16GBストレージ、3,050mAhバッテリーを搭載し、2Aの急速充電にも対応しています。カメラは背面に1,300万画素のExmor RS(F2.2 28mmレンズ、デュアルLEDフラッシュ、動画は最大1080p)と前面に200万画素のExmor R(F2.2 32mmレンズ、動画は最大1080p)を搭載。その他、USB-OTG機能、Immersionのハプティック(触覚)フィードバック機能なども搭載しています。Source : MyDrivers



(juggly.cn)記事関連リンク
XperiaのAndroid 4.3アップデートで「テーマ」機能が刷新、テーマの追加も可能に
News+ : 人気RSSリーダーアプリ「gReader」の開発者が作成したGoogleニュースクライアント
日本通信の音声通話対応SIMが12月27日より「スマホ電話SIMフリーData」「携帯電話SIM」に切り替え可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP