ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

視聴率が上がる? ○○が燃えるシーン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 「火」は私たちの生活とは切っても切れないもの。一体いつ頃から人類が火を利用してきたのかは、はっきり分かっていないものの、研究者の中には100万年以上前から使われていると主張する人もいます。

 時には崇拝の対象になり、時には万物の根源とされたこともある「火」。ゴウゴウと燃え盛る火は、常に畏怖の念を持って人類から扱われてきました。
 その一方で、火をオブジェとして捉えたり、そこから癒しを感じたり、活力を与えてくれるものとしても使われています。

 例えば、日本でも諸外国でも、暖炉の火は一家団欒の中心で安らぎをもたらしてきました。火は暖かな空気と明るさをもたらし、薪がパチパチとはぜる音に耳を傾ける…。そんな優しくて静かな時間を楽しんできたのです。

 120万世帯が暖炉を持つ北欧・ノルウェーでは、薪が燃えているだけ映像を何時間も連続で放送し続け、同国内で視聴率20%を記録。さらに、それを紹介した日本の人気深夜番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ)で2分間、薪が燃えている映像を放送し続けたところ、その時間だけ視聴率が上がったと報告され、話題となりました。これには出演者のマツコ・デラックスさんや村上信五さんもビックリ。

 なぜ暖炉の火は、人の目を釘付けにするのでしょうか。
 暖炉の火の魅力をあますところなく語り尽くす、なんともマニアックなDVD BOOK『DVDで見る癒しの炎DANRO(暖炉)』(DANRO製作委員会/編集、新星出版社/刊)で、脳研究者の池谷裕二さんは「赤はやる気を削ぐ。赤い炎。炎を見ていると、やる気がなくなって、のほほーん。それがいわゆるリラックスしている状態と違うのかな」と分析。さらに、さらに自宅に暖炉があるという作家・医師の米山公啓さんは「薪を焚いて炎を見ていると、ただそれだけで面白いってやつがいっぱいいるわけです。生の炎って、あまり見ることがない。面白いから、ずっと燃やし続けるわけ」と語り、炎が“おもてなし”の効果を生んでいるといいます。

 このDVD BOOKには暖炉の火を延々と映しているDVDが付録としてついています。定点カメラによって撮影された80分間の映像では、ただひたすら暖炉の火がゆらめいているシーンが続きます。
 すぐに飽きが来る…と思ったら大間違い。火は常に不規則にゆらめいているので、一瞬たりとも同じ形はありません。何も考えずに暖かな色のゆらぎを見ていると、強張った心がほどけていくようです。また、パチパチという薪のはぜる音が心地よく臨場感を演出し、暖炉があたかもあるかのように感じます。さらに、リピート機能によって無限に暖炉の火を楽しむことができるというサービス(?)も。

 「火は危険」ということから、火をじっくりと見つめる機会はそうありません。
 画面に映し出される暖色系のゆらめきはリラックス効果があり、一日の疲れを癒してくれます。視聴者を釘づけにする暖炉の火の映像、味わってみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
太陽光発電は採算がとれるのか?
寒い冬を節電で乗り切るための節約術
思わず試したくなる料理の裏ワザ

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。